スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

give in 

 I won't give in. って和訳できますか。

 give in は「降参する」だから、「私は降参しないぞ」って意味だとわかった人も、中にはいるかと思います。

 知らなかった人はせっかくの機会ですから、覚えましょう。

 ではこの表現を用いて「私はそのプレッシャーに負けた」を英作するとどうなるでしょうか。

 「降参する」が give in なのだから、I gave in the pressure. でよいのでは・・・なんて考えたりしないでしょうか。

 この場合は I gave in to the pressure. のように to をつけないといけません。

 ところで、どうして give in で「降参する」って意味になるのでしょう。

 この使い方で特徴的なのは、通常は他動詞で用いられる give が自動詞で用いられているということです。

 他動詞で give を使っている時は「~をあげる」という意味が浮かぶと思いますが、この場合自分はその分だけへこむことになるというイメージは持てますか。「相手にものをあげる」→「自分はその分へこむ」という感じです。

 そうやって考えると give in で「内側にへこむ」という感じが頭に浮かぶと思います。「内側にへこむ」→「屈服する」になるんだと考えると、イメージしやすいのではないでしょうか。

 「~に屈服する」という場合に give in to ~ となるということを先ほど扱いましたが、give in to the pressure で「そのプレッシャーに対して中にへこむ」→「そのプレッシャーに屈服する」だとわかりますね。

 このイメージをもとにして、「~に屈服する」という場合に to という前置詞を用いることをしっかりと頭にとめておいて下さい。

 ところで最後に正直に告白しますと、give に「へこむ」という意味ができた本当の由来はちょっと違っておりまして、皆さんを少しだけ騙させていただきました。(「へこむ」の意味があるのは間違いないので、この点はご安心を。)

 個人的にはこの流れの方がわかりやすいからこれで頭に入れればよいかなと思っているのですが、どうでしょう!?

 騙されるのも悪くないでしょ?(そんなことはないのかな?)

 またご意見くださいね。

 さて、give に関するさらなる話はメルマガ版「澄みわたる英語」 でそのうち扱わせて下さい。


 give に関しまして少しは知識が増えましたでしょうか。

※ 知識が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング
 

 メルマガ版「澄みわたる英語」 にはもっと充実した内容が載っています。ぜひ、ご購読下さい。

 ※ まぐまぐのメルマガ大賞の読者推薦が終了しました。まぐまぐ側の審査に基づいて、ノミネートされるメルマガが決まります。
 メルマガ大賞に参戦表明をしてから、ご自身のブログやメルマガで自発的に宣伝して下さった方もいらっしゃり、多くの方々から推薦したよという旨のご連絡もいただきました。
 毎日毎日人の温かさに触れ、感動の涙を流す日々を過ごさせていただき、つくづく自分は幸せ者だと思っています。
 本当にありがとうございました。

 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

ロンドン五輪と権力闘争に仕組まれたワナ!

give in = yield くっする。と受験英語で覚えて終りなので、説明をうけると納得しますね。ありがとうございます。

ランキング応援完了!よろしくお願いいたします。

「実践現代中国語単語集」愛沙の新着記事:
ロンドン五輪と権力闘争に仕組まれたワナ!
http://chineseword.seesaa.net/

基本動詞なのに・・・

明香さん、こんにちは。かずおです。
Giveも奥が深いですね。基本動詞なのに。
次はtakeで行きましょうか?
メルマガ大賞取れると良いですね!!

No title

愛沙さん、いつもありがとうございます。
yield も面白い単語ですね。今度考えてみます。
私もクリックしておきましたよ。

No title

かずおさん、いつもありがとうございます!
ノミネートされるかどうかもわかりませんが、ノミネートされたらまたよろしくお願いいたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/74-e9040070

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。