air 

 air

 air といえば真っ先に浮かぶのは「空気」ですが、他にもまだいろんな意味がありますね。
 

 by air(空路で)などに示される、「空路」や「航空」の意味がありますが、これは当然「空気」から発想できるはずです。
 
 on the air(放送中)などに示される「放送」も、空気中を電波が伝わっていくイメージで捉えられます。(日本語ではよく「オンエア」と言っていますが、英語では一般に on the air です。)

 また「空気が読めない」という言い方もありますが、「空気」→「様子」「雰囲気」というのもおさえられやすいのではないでしょうか。
 
 さらに「偉そうな様子である」というのは「偉そうな態度である」というのとほとんどかわらないことから考えれば、「様子」→「態度」も考えられるところでしょう。

 そんな「態度」の中でも特別な態度のことを、普通の態度と区別して表現したのが airs (気取った態度)です。
 
 このようにちょっと特殊な意味の場合に通常の意味と区別して複数形にして表現するということが英語ではよくあり、これを「分化複数」と呼んでいます。
 
 意味が特別だと明示するために、普通の意味と区別して複数形にするということです。
 
 「気取った」とか「偉そうな」といった、否定的でできれば口にしたくない言葉をわざわざつけなくても表現できるため、この表現は便利ですよね。

 ではここで復習として、いくつか表現になれてみましょう。
 
 have an air of mystery・・・謎の「空気」を持っている 
             → 謎めいた様子をしている

 with an air of sadness・・・悲しさという「空気」を伴って 
             → 悲しそうな様子で

 put on airs・・・「特別な意味の空気」を身につける
             →「気取った態度」を身につける 
             → 気取る

 air の意味として、「空気」、「空路」「航空」、「放送」、「様子」「雰囲気」、「態度」はだいたい頭に入ったでしょうか。
 
 airs は分化複数で、「気取った態度」ですね。
 
 ここより先の air についての深めた話はメルマガ版「澄みわたる英語」 でそのうち扱わせて下さい。


 ちょっとは知識が増したでしょうか。

※ 知識が増したと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

※ 今回はやさしすぎたでしょうか。その点が心配です。

  皆さんのコメント、待ってます!

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング
 

 メルマガ版「澄みわたる英語」 にはもっと充実した内容が載っています。ぜひ、ご購読下さい。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

分化複数

air の意味が「空気」から「態度」に変遷していく課程がよくわかりすっきりしました。

また、仏語を持ち出して恐縮ですが、仏語でも‘air’
には英語同様、「空気」系と「様子、雰囲気」系の二つの意味があります。
漠然とこの二つの意味を記憶していただけなのですが、今日の朝香さんのご説明でまた頭の中が澄みわたり、納得できました。

また、「ちょっと特殊な意味の場合に通常の意味と区別して複数形にして表現する」という「分化複数」の概念も初めて知りました。

今まで漠然と不思議に思っていた、複数形にすると意味が変わってしまうという現象の謎がこれで解けました。
どうもありがとうございます。
感謝のクリックをしておきます。

Re: 分化複数

 上海リリーさん、いつもありがとうございます!

「空気」については日本語でもそうですし、結構広く同じような意識が働いているのでしょうね。

 少しでも役立てられているなら、嬉しい限りです。

 ところでこれは上海リリーさんだけへのメッセージということにはなりませんが、これから数日間家を空けることになりますので、ブログの更新がいくぶん遅くなります。13日の火曜日か14日の水曜日あたりで復帰する予定です。

 一応、あらかじめご連絡しておきます。

ナッツさんへ

 残念ながら、現段階でもナッツさんのブログへの投稿ができない状態です。
 FC2の方でも原因がわからないのか、問い合わせに対してまだ連絡がありません。
 幸い、これから数日家を空けますので、帰宅した頃には直っているかなという気楽な気持ちでいようかと思います。
 その代わり(?)にクリクリだけはさせてもらいますね。
 これからもよろしく!

No title

こんにちは。

「やさしすぎる」なんてことはないですよ。
分化複数、面白い概念ですね。

高校の授業では言葉としては使えませんが、
複数にする理由を教えるのはおもしろいと思います。

今度使わせていただきますね(^^)

ありがとうございました。

No title

 けんじさん、コメントありがとうございます。

 分化複数という言葉を使って説明しているのは、ロイヤル英文法くらいですかね。

 難しい言葉を使わなくても説明できますからね~。

イメージの大切さ

楽しく拝読しております。イメージって大事ですね。
北京大学という世界中から集まっている環境で勉強しているのですが、英語でコミュニケーションを図る時は、難しい英語よりも、基本単語でのコミュニケーションが1番と感じる日々です。
よろしくお願いいたします。
「実践現代中国語単語集」
ランキングクリックいたしました。よろしくお願いいたします。
「実践現代中国語単語集」
http://chineseword.seesaa.net/

むしろ難しいかも

明香さん、こんにちは。いつも楽しく読んでいます。分化複数、初めて聞きました。最近流行のKY(空気読めない)にならないように私も頑張ります。これは英語になるんですかね?

No title

 中国語アドバイザー愛沙さん、はじめまして。
 北京大学とは、すごいところで勉強されているんですね。
 中国の大学生はすごく勉強熱心だという印象がありますが、やっぱり日本の大学生とはだいぶ違うのでしょうか。
 これからもよろしくお願いいたします。

No title

 レイソル LOVE さん、コメントありがとうございます!
 「空気を読む」は read the air よりも read the atmosphere の方が普通かなと思います。read the vibs みたいな言い方あるそうですが、こうした新しい口語表現はおじさんは苦手です。(笑)vibs とは vibrations の略です。
 日本人は全体の中の一人という意識が強いので、「空気」の支配力が強い意識ですが、英語でいう read the atmosphere にはそこまでの強さはなさそうですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/69-ed3202c9