スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

car 

 ご訪問、ありがとうございます! 応援のクリックをいただけると励みになります。どうかよろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング
 

car

 car といえば「車」ですね。

 普通に私たちがイメージするのは「自家用車」でしょうが、列車の車両なんかも普通に car って言います。

 新幹線に乗っていると、The conductor's room is in car number 10. (車掌室は10号車です)のような放送もあり、このあたりも抵抗はないかもしれません。

 では、エレベーターのことも car といわれたら、どうでしょうか。THIS CAR UP と表記されていたら、「このエレベーターは上りです」という感じです。

 私たちの「車」のイメージは「車輪」があるかないかで区別しているところがあるかと思いますが、英語の car はどうもそれとは違う意識で考えているようです。

 エレベーターなんかは、それでも機械で動いている意識が持てますから、まだ理解できるよという人もいるでしょうね。

 では、軽気球のゴンドラ部分も car っていえるんだよと聞いたら、どうでしょうか。

 どうやら、私たちの「車」のイメージを遥かに超えて、car というのは使いそうだということがわかると思います。人を乗せて移動できる箱は広く car と呼ぶことができそうな感じです。

 さて「車」といえば、トラックやバスも頭に浮かぶかもしれません。

 ところが、トラックやバスは car とは言わないのですね。

 人を乗せて移動できる箱は広く car という概念の中に含めるのに、このあたりは面白いことですね。

 きっと、バスやトラックに対しては「自家用車」と明らかに区別したい意識が働いて、car の中には入れないということにしたのではないかと思っています。

 car についてのさらなる話は、メルマガ版「澄みわたる英語」 で扱わせて下さい。

 ちょっとは理解が増したでしょうか。

※ 理解が増したと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。


 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング
 

 メルマガ版「澄みわたる英語」 にはもっと充実した内容が載っています。ぜひ、ご購読下さい。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

No title

いつもおもしろいですね。

わが町、広島には市内電車(street car)があります。
これも電車ですが car で表現します。
バスやトラックだけでなく、一般にはタクシーにもcarは使いませんね。

どこで線引きをしているのでしょう。
メルマガを楽しみにしています(^^)

No title

けんじさん、ありがとうございます。

taxi については「自家用車との区別」だけではだめでしょうか(笑)それだけで押し通すつもりだったんですが・・・

もっと勉強しないと・・・



今日も目からウロコでした

car がエレベーターの箱を意味するとは知りませんでした。英和辞典の car の項をちゃんと読めばその語義は載っていますが、どうして car と呼ぶのかという説明はありません。

いつも朝香さんの意表をつく、そして説得力のある解説に、私の灰色の脳細胞も少しずつ澄みわたっていく気がします。

けんじ先生、私は都電が走っていたのを覚えています。歳がバレてしますが…

No title

上海リリィさん
 コメントありがとうございます!
 いやあ、私もはじめて car の中にエレベーターが入ると知った時には驚きました。
 日本語と英語の発想の違いというのを、こういうところで意識しますよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/59-7504c72b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。