スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Art is long 

 ご訪問、ありがとうございます! 応援のクリックをいただけると励みになります。どうかよろしくお願いいたします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング
 

Art is long

 Art is long, life is short. ってことわざがあります。「芸術は長く、人生は短い」なんてよく和訳されています。

 確かに art is long の部分は、「芸術家が死んだ後も、芸術はずっと残るものだ」という意味でとれないわけではありませんし、欧米でもこの意味で解釈していることも多いようですが、どうももともとはこんな意味ではなかったようです。

 この有名な文句を初めて言ったのは、ヒポクラテスという人です。

 紀元前400年前後のギリシャのお医者さんですが、「医聖」とも呼ばれ、19世紀くらいまで西洋においては医学に絶大な影響を及ぼしました。

 原始的な医術から迷信や呪術を取り除き、客観性を重んじた医学を確立したことで知られ、また医者に求められる倫理性を大変重要視したことでも知られています。

 このヒポクラテスが、「医術を修得するには時間がかかるが、人生は短く、なかなか医術を修得することができない」という意味で使ったのが、Art is long, life is short. の本当の意味です。

 つまり、この文の art とはもともとは「芸術」ではなく、「技術」のような意味で用いているものです。

 ところで、art という単語は arm に似ていると言われたら、そんな気はしませんか?

 意外かもしれませんが、両者は語源的にはつながりのある単語です。

 art がもともと指し示したのは「関節」ですが、関節をうまく使えるかどうかが「技術」に直結することは十分理解できるでしょう。

 「関節を利用しての、人間の繰り出す巧みな技」のようなイメージまずあり、そこから「技術」とか「芸術」の意味が引っ張りだされてきたというわけです。

 art についてはもう少し触れたいところですが、これより先はメルマガ版「澄みわたる英語」 のお楽しみということで、お願いいたします。

 ちょっとは理解が増えましたでしょうか。

※ 理解が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。


 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング
 

 メルマガ版「澄みわたる英語」 にはもっと充実した内容が載っています。ぜひ、ご購読下さい。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

ARTの意味

明香さん、こんにちは。
ARTに関節という意味があったとはまったく知りませんでした。
私が好きな言葉は、真・善・美というのがあり、
真であり、善なものは、美しいという意味だそうですが、ARTが技術と芸術というのも同じ感じですかね。

No title

かずおさん
 コメントありがとうございます!
 真・善・美ですか。いい言葉ですね。
 artificial なんて言葉もあることからもわかるように、art は自然と対立するような意識もあり、人間が生み出した技を基本とするもののようです。
 ちなみに「関節炎」のことを arthritis とか articular inflammation なんていったりするようですよ。
 このように、今でも語源の意識が強く残っているのもあるのですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/52-173123f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。