dispense 

 ご訪問、ありがとうございます! 応援のクリックをいただけると励みになります。どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング
 

 dispense

 預金を下ろす時に、銀行の機械を利用しますね。あの機械は最近はATMということが多いですが、キャッシュ・ディスペンサーと呼んだりすることもありますね。

 キャッシュ・ディスペンサーの和訳は「現金自動支払機」といったりするのですが、預金残高と無関係に自動的に支払ってくれるわけではないですね。 (^ ^

 ちょっと脱線しましたが、dispense とは「配る」とか「与える」という感じの意味です。

 「お金を与える機械」=「キャッシュ・ディスペンサー」というわけです。

 ここでもう少し dispense に慣れるために、dispense が「配る」とか「与える」の意味で使われている例を少し挙げておきましょう。

 dispense advice なら「アドバイスを与える」、dispense tea なら「お茶を与える」、dispense medicine なら「薬を調合して与える」という感じです。

 さてこのように、「与える」という意味で考えればよいはずの dispense なのですが、dispense with ~ となるととたんに意味が変わり、「~なしですます」とか「~を省く」という意味になります。

 「与える」と「省く」じゃ正反対じゃないか・・・と嫌みの一つも言ってやりたくなるわけですが、これは一体どういうことでしょうか。

 実はこの dispense は昔、教会においては「やるべきことをやらないですます特権を与える」という意味でも用いていたのです。

 これでわかる通り、この意味においてもちゃんと「与える」の意味が含まれていたのですが、その与えるものが「免除の特権」だったというわけです。

 つまり dispense with ~ は「~に関してやらなくてよいという特権を与える」という感じから、「~なしでもよいものとする」「~なしですます」という感じになっていったというわけです。

 教会が特権を与えるというと、「これを買えばすべての罪が許される」という「免罪符」なんかが浮かぶ人もいるんじゃないかと思いますが、そんなイメージと重ね合わせるとわかりやすいのではないかと思います。

 ところで、I took a straw from the dispenser. の dispenser って何かわかりますか。ファーストフード店なんかに置いてある、「ストローだとかペーパーナプキンだとかを1つ取り出すと新しいのが出てくる箱」がありますよね。あの箱のことです。

 ちょっとは知識が増えたでしょうか。

※ 知識が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

     にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング
 

 メルマガ版「澄みわたる英語」 にはもっと充実した内容が載っています。ぜひ、ご購読下さい。


(宣伝)
 私の知人の西沢知樹さんが、このたび「英語美人」(サンマーク出版)という本を出版されました。

 内容は「英語」というよりも「勉強法」という感じです。そして、説明が難しいのですが、勉強法というと「やり方」に目がいきがちですが、西沢さんが目を向けているのは「あり方」という感じです。

 ですから、「この問題集を使った方がいい」とか「1日にどのくらい勉強すべきか」とか「リスニングを重視すべきかリーディングを重視すべきか」なんてことは取り上げていない本です。

 「自分を許す」とか「自分と英語の原点について考える」とか、そういった実は根本のところにありながら、ついつい見失いがちな心理的な立ち位置について書いてある本だということになるかと思います。

 英語に限らず、向学心を持っている方には役立つ内容だと思います。

 20日までにアマゾンで購入された方限定で特典がつきますので、よろしければお読み下さい。

 アマゾンキャンペーンの詳細は以下をご覧下さい。

 http://www.catiks.com/bj/amazon.html

 宣伝は以上です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

No title

ただいま色々なブログを応援しています!
応援ポチッ!

Myブログへの訪問ありがとうございます

こんにちは。
ブログへの訪問ありがとうございました。

ブログ拝見させて頂きましたが、とっても勉強になりますね。
一つの単語についてわかりやすく解説していて頭に残ります。
またお邪魔させていただきます~。

これからもどうぞよろしくお願いします。

No title

本当に助かりました。とてもいいサイトですね。今上海にいる私にとても頼りになる勉強所です。これからもお邪魔させていただきます。

No title

ruiさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます!
ぜひどんどんとお立ち寄り下さいませ。
今後ともよろしくお願いいたします。 m(_ _)m

昨日、despense のこの意味をしったのですが、理由がわかりほんとにすっきりしました。ありがとうございます。

happa さん、ご丁寧に書き込み下さり、ありがとうございました。

この単語の意味の違いは大きすぎて、創造の域を超えていますから、わからないのはやむを得ないですよね。

参考になって、本当に良かったです。

お気をつけ下さい。
dispense withはネイティブは使いませんし通じません。
アメリカ人、イギリス人(どちらも大卒成人)に全く通じませんでした。

Re: タイトルなし

ご連絡、ありがとうございます。
私、海外経験がほとんどないので、実地がどうなのかを教えていただけると助かります。
ところでThe Guardianの記事に以下のような英文がありました。
The deployment has dominated the final days of South Korea’s election campaign, pushed Seoul’s relations with Beijing to breaking point and cast doubt on the wisdom of Donald’s Trump’s decision to dispense with “strategic patience” towards Pyongyang.
また、ロングマン、メリアムウェブスター、マクミランなどの学習英英辞典を確認しましたが、これらのいずれにもdispense withが掲載されていました。ですので、一般の人たちには馴染みが薄いのかもしれませんが、使われていないとまでは言えないかなと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/44-34e29942