furniture 

 ご訪問、ありがとうございます! 応援のクリックをいただけると励みになります。どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング
 

 furniture

 辞書をみると、一般に「家具」って書いてありますね。それで何となくわかった気になってしまいがちなのですが、実はちょっと勘違いしやすい単語です。

 furniture を理解するためには、まず ure という語尾に着目して下さい。これは行為の結果・産物の意味を表すことがある語尾です。

 例えば、creature というのは create(創造する)の結果・産物のイメージで、そのまま意味を取ると「被造物」ということになります。

 一般的には「生き物」「動物」の意味で使うことを知っている人も多いと思いますが、それはこの「被造物」のイメージから来たものです。


 creature と同じように furniture を考えると、furnish(備え付ける)の結果・産物のイメージとなります。

 要するに、「備え付けられたもの」を furniture と呼ぶのだなと思えばいいということになります。

 正確には「備え付ける」といっても、引っ越しの時に動かせるようなものをイメージすると思って下さい。


 ではこうしたイメージで「建物に備え付けられたもの」を考えると、どんなものがあるでしょうか。

 タンスとかテーブルとかイスとかももちろん入るわけですが、冷蔵庫とか洗濯機とかの電化製品も入っていいわけです。

 「スーパーアンカー英和辞典」には、時計とか鏡とかじゅうたんとかストーブなんかも入ると書いてあります。

 個人的にはこれらを無限定に入れていいのかについては疑問がありますが、いずれにせよ、こうして見ると、「furniture = 家具」という単純な図式には、やや問題があるということがわかってくるのではないかと思います。

 そうしてこうした雑多なもの全体を指して、furniture と呼ぶということがわかったとき、furniture が不可算名詞扱いなのだということも、イメージしやすくなるかもしれません。

 furniture とは、机とかイスといった個別の一つずつの「モノ」を扱うものではないのです。

 建物に後から備え付けたものであるけれど、小物類でもないし寝具類でもないし衣類でもないといったことを示す「分類概念」のようなものです。

 このように furniture は「家具」と呼ぶにはちょっと不適切なものですが、それに代わる適切な日本語もまた見つからないという困った言葉なのです。

 furniture のことについて、イメージは改まったでしょうか。

※ イメージが改まったと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

     にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング
 

 メルマガ版「澄みわたる英語」 にはもっと充実した内容が載っています。ぜひ、ご購読下さい。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/42-dd0d3d5b