FC2ブログ

Xenon 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
Xenon

 前回は希ガスのクリプトン(Krypton)のことを扱いましたので、今回は同じ希ガスのキセノン(Xenon)のことを扱いたいと思います。

 キセノンはクリプトンと比べても存在割合が非常に小さいので、クリプトン以上に発見するのが難しかったようです。化学者のラムゼイはクリプトンだけを分離したと思っていた気体を大量に集めてみたところ、クリプトンとは若干性質の異なる気体が混じっていることに気がつきました。「隠されたもの」という意味合いで命名したクリプトンの中にさらに隠れるように存在していたこの気体を、ラムゼイはキセノン(Xenon)と名付けました。クリプトンばかりと思っていた中に異物が混じっていたということからつけられたものです。つまり、Xenonは「外来物」とか「異物」という意味合いです。注意点は英語の発音は「キセノン」ではなく、「ズィナン」とか「ゼノン」という感じです。

 こんな感じでxenonに「外来物」とか「異物」の意味合いがあることがわかることで英単語の世界が少し広がります。例えばxenotransplant(ゼノトランスプラント)だと「xeno(異物)+transplant(移植)」→「異種移植」です。例えばブタの臓器を人間に移植するといった感じの話です。xenotransplantはギョッとする話かもしれませんが、現実の科学の進歩は凄まじく、近い将来実用化される見通しとなっている技術です。ブタから臓器移植ができるとすれば、脳死者が出てこないと移植臓器が見つからない現状を大きく塗り替える可能性があります。なお、xenotransplantion(ゼノトランスプランテーション)でも同じような意味です。

 xenophobia(ゼノフォビア)だと「xeno(異物)+phobia(恐怖)」で、「外国嫌い」「外国人嫌い」です。phobia(フォビア)はfear(フィア)とちょっと発音が似ていて、同じ「恐怖」の意味合いです。この点を意識すると、xenophobiaが「外国嫌い」「外国人嫌い」になるのは、割とわかりやすいのではないかと思います。

 xenophobic(ゼノフォビック)だと「外国嫌いの」「外国人嫌いの」という形容詞で、xenophobic viewだと「外国嫌いの物の見方」「外国人を嫌う物の見方」という意味です。

 役に立ったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ


さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/387-0f6f28ef