FC2ブログ

table 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
table

 tableには「食卓」のイメージが強いかなと思いますが、必ずしも「食卓」だけをイメージするわけではありません。例えばbilliard tableと言えば「ビリヤード台」のことですし、ping-pong tableだと「卓球台」のことですし、poker tableと言えばカジノなんかにありそうな「ポーカーをするのに使う台」のことです。つまり、脚がある平らな台であれば、食卓でなくてもtableを用いることは多いです。

 dressing tableというと「鏡台」のことです。日本語の「鏡台」は元々は「鏡を乗せた平らな台」の意味だったのでしょうが、現実には台の部分がほとんどないような縦型の鏡台でも「鏡台」と言いますよね。dressing tableも同じような発想で、台の部分がほとんどないような縦型のものでも使うことができます。ですので、このあたりは日本語と同じと思えばいいです。

 dressing tableを例外的に考えれば、一般にtableは長方形のフラットな台をイメージします。そしてこの長方形のイメージが縦横にデータが並んでいる「表」のイメージでも使われるようになりました。table of stock pricesだと「株価一覧表」ですし、table of random numbersだと「乱数表」ですし、times tableだと「掛け算表」→「九九の表」(実際には12×12までの一覧表であることが多い)です。

 negotiating tableだと「交渉のテーブル」→「交渉の場」です。このtableのイメージを持つと、on the tableが「テーブルの上で」→「検討中で」という意味合いになると言われても、違和感は少ないかと思います。そしてそれはさらに「検討中で」→「先送りされて」「棚上げにされて」という意味合いを持つことがあります。

 tableは動詞で使うこともあります。table a proposalだと「提案をテーブルに乗せる」→「提案を検討する」ですし、table an issueだと「問題をテーブルに乗せる」→「問題を審議する」です。もっとも、これらについても、「提案をテーブルに乗せる」→「提案を棚上げする」とか、「問題をテーブルに乗せる」→「問題を先送りする」という意味合いで使うこともあります。イギリスでは「審議する」意味合いで使うことが多いのに対して、アメリカでは「棚上げする」意味合いで使うことが多いようですが、そんな細かいことを気にするよりは2通りの解釈が成り立つことをまずは頭に入れておきたいものです。

 上記のような感じでtableについて一度整理しておくのもよいかなと思います。

 役に立ったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ


さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/384-b1cb7c0b