margarine 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
margarine

「マーガレット」というと、真ん中が黄色で真っ白い花弁を広げた花が頭に浮かぶかと思います。あの「マーガレット」は英語ではmargueriteと綴りますが、この語源は「真珠」の意味合いです。「マーガレット」の花が白く美しく咲く様を真珠に例えたものでしょう。(なお、margueriteの実際の発音はマーガリートに近い。)

「マーガレット」というと女性の名前が浮かぶ人も多いと思います。こちらの「マーガレット」はMargaretで、愛称としてはMaggieとかMegとかと呼ばれることも多いのも知っておいて損はないかと思います。花のmargueriteとは綴りも発音も少し違いますが、語源は同じです。つまり、真珠のように美しく輝く女性になってもらいたいという親の願いからつけられたものなのでしょう。

英語の女性の名前のMargaret(マーガレット)は、スペインではMargarita(マルガリータ)、イタリアではMargherita(マルゲリータ)になります。かつてのイタリアにこのMargheritaという名前の王妃がいました。イタリア国旗と同様の、緑(バジリコ)、白(モツァレラチーズ)、赤(トマトソース)からなるピザをナポリのピザ職人が作って王妃に振る舞ったところ、王妃がたいそう気に入り、このピザに自分の名前のMargheritaを冠したのが、「マルゲリータ・ピザ」の始まりだそうです。私はモツァレラチーズの白い色を真珠に例えたものかなと以前は勝手に思っていましたが、これは間違っていたようです。

さて、「マーガリン」(margarine - 英語の発音的には「マージャリン」の方が近い)も「マーガレット」に似ていますが、実はこれも語源が同じです。つまり、margarineも語源的には「真珠」の意味合いだということになります。

「マーガリン」が発明されたのはフランスで、1869年のことでした。当時のフランスはナポレオン三世が君臨していた時代です。ナポレオン三世は常備軍の兵士の食料事情を向上させようと、当時入手が困難で高価であったバターの代用品の懸賞募集を行いました。そこで出てきた発明品が「マーガリン」だったわけです。

こうして生み出された「マーガリン」は、実は真っ白でした。その鮮やかに白く輝く様を真珠に例えてmargarineと呼ばれるようになったわけです。その後、真っ白よりもバターに似せて黄色にした方が好まれたことから着色されるようになり、今のような黄色い「マーガリン」になりました。

 面白かったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/366-ad59a3df