others 

 ご訪問、ありがとうございます! 応援のクリックをいただけると励みになります。どうかよろしくお願いいたします。

     にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング
 

others

 others を辞書を見ると判を押したように、「他人」という意味が書いてあり、Be kind to others. (他人に親切にしなさい)という例文が載っていることが多いですね。

 ところがこれはミスリーディングになりそうで、ちょっと気をつけたいところです。

 「他人」という日本語は、「自分とは関わりあいのない人間」というイメージですね。「あんたなんて他人でしょ!」という使い方なんかを考えると、とてもよくわかります。

 そのため、Be kind to others. (他人に親切にしなさい)という例文を出されると、「見ず知らずの人でも困っている人を見かけたら助けてあげるものですよ」というような意味合いを、意味の中心としてとってしまいがちではないかと思うのです。

 ところが、others が意味しているのは「自分ではない人たち」です。other の「他」という意味は、「自分以外の」という形で込められています。ですから、Be kind to others. で言われている others の中には、親も兄弟も親戚も友達もみんな入っています。

 others は「自分以外の人」のことを指しますから、もちろん日本語でいう「他人」もその領域には入ってはいますが、自分の周りにいて自分と関わりを持つ人たちのことを頭において使っていることが多い印象があります。

 ですので、others =「他人」という図式には、どうもすっきりしないものを感じてしまいます。 

 では others にはどんな訳語を付けたらよいかといえば、「ひと」がいいんじゃないかと思います。

 「ひとの気も知らないで」とか「ちょっとはひとのことも考えなよ」とか言っている時の「ひと」が others ではないかと思います。

 ところで、others といえば、other, another, the other, others, the others の使い分けなんかも重要です。これなどはメルマガ版「澄みわたる英語」で加筆してそのうち取り上げさせてください。

※ この記事が役に立ったと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。わざわざこのページを訪れて読んで下さり、ありがとうございました。感謝しています!

     にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング
  


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

No title

こんにちは。いつもいいところを突いてきますね(^^)

ohtersを「他人」とするのはニュアンスが異なることが多いですよね。
「他人」ってすごく冷たい響きもありますから。

以前、予備校の広告だったと思いますが、
「mother、mを取ったら他人です」というのがありました。

「ohterじゃ他人にはならないだろ!」
とテレビの前で突っ込みを入れたのを覚えています(^^;)

No title

けんじさん
 家庭教師の??イですね!
 私も同じ突っ込みを入れていました!
 けんじさんと同じリアクションができていたとは、嬉しいです!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/36-8c6caab6