keeper 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
keeper

語尾に er がつく単語を見たら、皆さんはどんな意味だと想像しますか。

 swim + er = swimmer とか、play + er = player のように、「〜する人」を頭に思い浮かべる人が多いのではないかと思います。

 もちろんこの直感はとても大切で、語尾に er がついた場合にはこんな感じの意味になるというのは実際とても多いということは言えるでしょう。

 もう少し幅を広げられる人だと、語尾に er が付くのは必ずしも「人」に限られるわけではなく、「〜する人」以外に「〜するもの」の意味にも使えるということも意識できているかもしれません。先ほど挙げた player にしても DVD player のような使い方もできますよね。「炊飯器」のことを rice cooker と言ったりしますが、これなども「〜するもの」の使い方をしているものだと理解するのは、決して難しくないかと思います。

 ところでこの「〜するもの」というのは、「〜するのに向いているもの」というように取ることもできるかと思います。先ほどの rice cooker の例で言えば、「ご飯を炊くもの」=「ご飯を調理するもの」という感じでイメージすることもできますが、「ご飯を炊くのに向いているもの」=「ご飯を調理するのに向いているもの」という感じで捉えることもできます。

 随分と回りくどいことを言っているなと思われるかもしれませんが、「〜するのに向いているもの」というイメージで捉えないと理解できない言葉も実はままあるのです。

 例えば、poster(ポスター)は「貼る動作を行うもの」では意味がわかりませんが、「貼るのに向いているもの」なら理解できるのではないでしょうか。broiler(ブロイラー)と聞いてもニワトリの種類だとしか普通は思わないでしょうが、これも実は broil(直火焼きする) + er(〜するのに向いているもの)からできており、「直火焼きするのに向いているもの」というのがもともとの意味合いだったのです。

 こうした知識をベースにして、次の文で使われている keeper も上記のような使い方をしていると考えた上で、文全体がどんな意味になるかを考えてみてください。

 Hold on to that boyfriend of yours — he's a keeper!

 以下のような感じで捉えられていたら、大丈夫です。

 「あなたのボーイフレンド、ちゃんとつかまえておくんだよ。手放したらダメだからね。」

 keeper を「持ち続けるのに向いているもの」と捉えないと、この文の意味は理解が難しかったのではないかと思います。

 面白かったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ

 ところで、現在アメリカで stand-up comedian として頑張っている Kaori さんという若い日本女性のことを知りました。若いのに苦労を苦労とも思わないようにして頑張っている姿は心打たれます。ちょっと応援したいなということで、動画を紹介させていただきます。日本人にもわかりやすい英語を使ってお笑いをやってくれていますので、ぜひ皆様もご覧頂けたらと思います。



 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

関連記事

コメント

Re: 相互リンクの申し込み

『TOEIC990の英語の先生が英文で教える最短英語学習法』のサイト、拝見させていただきました。

日本語と英語と併記されていて、勉強しやすいサイトになっていると思いました。

また、無料で利用できる有益情報も多く、すばらしいですね。

喜んでリンクさせていただきます。

朝香豊

鶏肉大好き

broiler(ブロイラー)の語源が「直火焼きするのに向いているもの」だったなんて。
驚きです
これからはerに注意してみます。

Re: 鶏肉大好き

自分のブログのはずなのに、なぜかFC2から書き込み制限を受けてしまいまして、コメントに投稿できない状態になってしまいました。返信コメントが遅くなったこと、申し訳ありません。

erの語尾について面白いと思ってもらえて、嬉しい限りです!

erの語尾の語を気をつけてみると、確かにいろいろと発見があると思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/350-6af49694