displacement 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング
displacement

 displacement とはどのような意味でしょうか。 place(場所)を dis(外れる)ment(こと)のように考えれば、大筋の意味は想像がつくでしょうか。

 English Collins Dictionary を引くと、displacement には以下の2つの意味が出ていました。

 Displacement is the removal of something from its usual place or position by something which then occupies that place or position. (Displacement とは、あるものを通常の場所や位置から、その後その場所や位置を占めるものによって取りかえることである)

 Displacement is the forcing of people away from the area or country where they live. (Displacement とは、人々を暮らしている場所や国から追い出すことである)

 確かにいずれも「place(場所)を dis(外れる)ment(こと)」という意味で理解できますね。こうしたことから「置きかえ」とか「立ち退き」といった意味が出てくることになります。

 ところで、アメリカ通商代表部(USTR)から発表されている米韓 FTA に関わる英文を読んでいましたら、以下のような文に出会いました。この文にある engine displacement とはどのような意味であるか、わかりますか。

 Korea has also agreed to overhaul its system for taxing cars based on "engine displacement"(韓国は "engine displacement" に基づいた車への課税の仕組みを一新することにも同意した)

 かなりわかりにくいのではないかと思います。そこで少し本題から脇道にそれますが、しばらくおつきあい下さい。

 displacement というのは時に船の排水量の意味で使われることがあります。船が水に浮かぶと、船が水中に沈み込むことで、その水中に沈み込んだ部分に相当する分の水が押し出されますね。このように、船を水に浮かべたらどのくらいの水がその場から押し出されることになるのかというのが、排水量です。そしてこれを displacement という言葉で表現できるというのは、今までの説明で理解できると思います。そして排水量の大きな船はそのまま大型の船を指すことになり、排水量の小さな船は小型の船のことを指すことになるのも理解できると思います。要するに「displacement = 排水量 = 船の大きさ」というイメージを持って下さい。

 こうしたことを頭に置いておくと、車に関する話題で "engine displacement" と言われた場合に、どのようなことをいうのかを想像するのは、かなり楽になってきたのではないかと思います。「車のエンジンの大きさ」=「排気量」のことだと考えて下さい。エンジンが置かれることで、そこからエンジンの大きさに相当する体積の空気が押し出されますね。それをイメージしたものです。

 こうした理解に基づいて、再び先ほどの英文を読んでみましょう。

 Korea has also agreed to overhaul its system for taxing cars based on "engine displacement"(韓国は「排気量」に基づいた車への課税の仕組みを一新することにも同意した)

 つまり、従来韓国は、環境への負荷を考慮して、排気量の大きな車に対する課税を大きくして、排気量の小さな車に対する課税を小さくしてきたわけですが、こうした政策はアメリカの車を韓国市場に入りにくくする非関税障壁であるから撤廃してくれとアメリカ政府は韓国政府に求め、韓国政府もその主張に同意したという話です。

 エネルギーや環境を大切にするという見地では合理性のある話だとは思えませんが、どうやら韓国政府はアメリカ政府にうまく丸め込まれてしまったようです。いずれにせよ、このような環境政策さえ非関税障壁として扱われ、貿易交渉の席でも問題にされうることがわかります。現在 TPP に関する議論が激しい日本に住む私たちにとっても、無関心でいられる話ではないですね。

 実際 TPP に日本が参加する条件としてアメリカが真っ先に挙げた3つの条件とは、1) 牛肉輸入制限の撤廃、2) 簡易保険の優遇策の撤廃に加えて、3) 自動車の市場開放でした。この点に関して、日本自動車工業会の志賀俊之会長は「日本への自動車の輸入関税はゼロで完全に解放されている。むしろ輸入車は認証プロセスでPHP制度によって特別に優遇されており、日本のディーラーも輸入車を扱うことを制限していない。どの点で日本市場が閉鎖的と言っているのか、おうかがいしたい。」と述べたそうですが、米韓 FTA を見ればアメリカ側の真意は自ずとわかるものだと思います。

 さて、TPP をめぐるマスコミ報道が適切ではないことにいらだちを覚え、新たに別ブログを立ち上げました。こちらの方もよければご覧ください。

岐路に立つ日本を考える

 役に立ったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/313-b179e0ea

-

管理人の承認後に表示されます