スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

breakfast 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


 breakfast

 『「朝食」のことをどうして "breakfast" というのか』という疑問に対して、『"fast" が実は「断食」のことを表していて、”break” が「破る」を表しているんだ。それで朝食を食べると前日の夜から何も食べずにいたのを断ち切ることになるから、 "breakfast" は「朝食」の意味になるんだよ』という説明を聞いたことのある人もいるかと思います。

 では、 "fast" がなぜ「断食」の意味を表すのかを考えてみたことはありますでしょうか。私たちにとっては "fast" は「速い」という意味ではあっても、「断食」という意味ではないからです。

  "fast" は実はもともとは「速い」という意味ではなく、「しっかり」のような意味だったようです。従って、”run fast" というのは「しっかり走る」というのが元々の意味だったわけですが、それがいつしか「速く走る」のように捉えられるようになり、 "fast" が「速い」という意味を持つようになったらしいのです。

 ではなぜ "fast" が「断食」の意味になったのでしょうか。実は「宗教上の戒律をしっかり守る」ということが根底あったらしいのです。いろいろと戒律がある中でも断食というのはなかなか守りにくいものです。ここから、「戒律をしっかり守る」→「断食をきちんと行う」というイメージで捉えられたようです。

 ここまで来れば、 "breakfast" がなぜ「朝食」の意味になったのかは、納得ができますよね。

 そして、このように fast を理解しておくと、応用も効きます。例えば、"fast asleep" というのは「しっかり寝ている」という意味ですが、この fast には元々の fast の意味が今なおしっかりと生きていますね。"color-fast" というと「色に関してしっかりしている」→「色落ちしない」、"acid-fast" というと「酸に関してしっかりしている」→「酸性に強い、耐酸性の」、"fast friends" というと「しっかりした友達」→「長年関係の続いてきた親友」、”hold fast to dreams" というと「夢に対してしっかりと力を加えている」→「諦めないで夢を追っている」という感じです。

 fasten (しっかりと固定する)もこの fast の派生語です。もっともこちらは fastener(ファスナー)から連想した方がわかりやすいかもしれませんね。ただ、日本語の「ファスナー」はジッパーを意味する言葉だと思いますが、英語の fastener はもっと広い意味を表す言葉で、「ボルト」や「ナット」の方をむしろ一般にはイメージすることが多いですから、こういう点も気をつけたいですね。

※ 勉強になったと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。


 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

なるほどなるほど。宗教が関連しているなんて、おもしろいですね。もし、「日本人としてかぎりなくfastだ」といったら、どういう意味になるのかな?「周りにしっかり足並みをそろえている」みたいな感じだったりして。(笑)

ぱすたさん、コメントありがとうございます!

ハハハ、さすがは漫画家だけありますね。

面白いコメント、ありがとうございました!

以前、コメントさせていただいたのですが、消えてしまったようなので(泣)、もう一度Try!!
fast がどうして「断食」になるのか、疑問に思っていました。そんな意味があったとは驚きです。

今、「メルマガ版 澄みわたる英語」を一号から順に読ませていただいているところです。大変勉強になります!途中 ASAKAさんの“ダンディー”なお姿が!!(^.^)/

tursiops さん、ありがとうございます!

ダンディーとは程遠い私ですが、ご覧頂けてありがとうございました(笑)

メルマガ版を最初からお読みいただいているとは、めちゃめちゃ嬉しいです!なかなかマニアックな話も多く、気軽に読めるものではありませんが、参考にしていただけたら幸いです。

以前のコメントは「管理者にだけ表示を許可」になっていたようです。

今後とも、どうかよろしくお願いいたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/298-c2ed07a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。