スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don't tell a soul 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


Don't tell a soul

 Don't tell a soul. と言われて、どんな意味かわかりますか。「魂を語るな」では意味不明ですね。実は「誰にも言うなよ。秘密だぞ。」という意味です。

 soul というと「魂」の意味がすぐに浮かびますね。soul music というのも、「魂」と呼んでもよさそうな、深い感情を表すような音楽というところから名付けられたものだと思います。ちなみに、soul だけでも soul music の意味になるのですが、これは日本語の「ソウル」でも同じようなことが言えるということに気がつくと、特別な感じを持たずとも理解できますよね。

 そして、「魂」といえば、「人間の本体」みたいに考えることもできます。肉体は仮のものでしかなく、魂こそが人間の本質だという感じです。

 「美的センス」のことを soul として表現することもありますが、これも美を感じ取るというもっとも人間らしい部分というか、人間の本体的なものを意識できるからこそ使われるようになったものでしょう。

 このように「人間の本体」が soul として表現できるのであれば、さらに進んで「人」そのもののことを soul というようになったとしても、不思議ではないかもしれません。

 そう言われてみると、Not a soul was to be seen on the street.(通りには、一人の人も見かけられる方向に向かわなかった → 通りには人っ子一人いなかった)なんて英文を、高校で学んだ記憶はないでしょうか。この例に見られるように、時には soul が「人」の例で使われることがあるわけです。

 実際の使用例を見ると、living soul(生きている人)とか、brave soul(勇敢な人)とか、sensitive soul(感受性の強い人)とか、poor soul(かわいそうな人)といったように、使いそうな表現は限られている感じもありますから、「人」の意味で何でもかんでも soul を使うのはやめた方がよいのかもしれませんが、ともかく soul が「人」の意味で使うこともあるわけです。

 そして、そうした限られた使い方の中に Don't tell a soul. (人に言うな)もあるというわけです。

※ 勉強になったと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

お久しぶりです

今、久しぶりにログインしてリンク先を辿っておりましたが、たどり着けないサイトが多く、(私もずいぶん、離れてました~。人のことは言えない)こちらにたどり着けて、うれしくなりました。
現在、フィジーにいます。
また勉強しにきますね!
(~を思い出すという冗談が好きだったんですけど、今はもうそういう書き方はしてらっしゃらないんでしょうか?)

ナッツさん、本当にお久しぶりです。
フィジーはご旅行ですか、それとも滞在ですか?

> ~を思い出すという冗談が好きだったんですけど、
> 今はもうそういう書き方はしてらっしゃらないん
> でしょうか?

「ペトロと聞くと、お岩さんを思い出すかもしれません」みたいなやつですね。
言われてみて気づきましたが、最近は話題が以前よりも難しくなっているかもしれませんね。
何か話題を考えてみます。コメントありがとうございました!

住んでます!

今年の4月から、フィジーに住んでいます。イギリス英単語、フィジアンやインディアンの発音の違いに翻弄され、ジャスチャーでの表現が多くなりました(笑)
結局こちらでも、アメリカ人と友達になり、フィジー英語ってわかりづらいよね~と言い合う日々です。

そうそう、個人的には、毎回ふふっと笑ってしまうあのジョークが好きだったものですから。
でも、クリアな説明で、英語学習者にはありがたいブログであることは変わってません!

そもそも、「魂」っていうのも、わかりにくい概念ですよね。単に「人の形」だけじゃなく、「中身の感情」を伴っているとき、soulを使うのかなあ…なんて思いました。

ぱすたさん、ありがとうございます!

「魂」という日本語も、言われてみると確かにそもそも難しいものですよね。

もうちょっと追求してみないといけないかもしれませんね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/296-fcba7784

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。