win と beat 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


win と beat

日本語で「勝つ」に相当する英語を挙げるとすると、win と beat が浮かびやすいと思いますが、両者の区別はつけられるでしょうか。

「先の選挙で労働党は保守党に易々と勝利した」という日本語に対応するように、以下の英文で (   ) の選択肢を選ぶとしたら、どちらの方がよいか、考えてみて下さい。

Labour easily (won, beat) the Conservatives in the last election.

これは beat が正解です。

beat はもちろんもともと「打つ」がベースにある言葉であり、「~を打つ」→「~を打ち負かす」という発想で考えればよいです。「労働党が保守党を打ち負かした」わけですから、beat だとしっくりくるわけです。

これに対して win の場合には、 win the Nobel Prize(ノーベル賞を受賞する)のような使い方をしますよね。win の目的語に来るのは「争う場」とか「争う対象」であって、「争う相手」ではないということになります。

ちなみに、語源をたどってみますと、win とwish はつながりがあった可能性が高いようです。wish は「~を手に入れたいと奮闘する」→「~を望む」と発展してきた言葉です。

win を「~を手に入れようと奮闘し、それを手にする」という感じで捉えることもできそうで、こうしてみると確かに wish とつながっているといえそうです。

そんな小理屈をこねていると、win と beat の違いがよく見えてくるんじゃないかと思います。

※ 勉強になったと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

なるほどなるほど。相手を打ち負かすわけじゃないから、ビジネスマンの人が「win-winの関係で‥」とか好んで言うんですね。

ぱすたさん、ありがとうございます。

win-win の関係を持ち出すなんて、さすがぱすたさんは目の付けどころが違いますね!

beat - beat の関係なんて、冗談じゃないですね。(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/293-71fbb06e