スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

leaf 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

leaf

ブログ仲間のマキさんが、次のような例文を掲載されていたのですが、この文の意味はおわかりになりますか。

In London, former pickpockets have turned over a new leaf, slipping money back into pockets.

former pickpockets(以前はスリだった人たち)が slipping money back into pockets (ポケットにこっそりとお金を戻す)ことをしているというのはわかると思うのですが、turn over a new leaf というのがちょっと難しいかもしれません。このイディオムの意味を考えてみましょう。

leaf というと「葉っぱ」が頭に浮かびやすいと思いますが、leaf には他の意味もあり、「本のページ」の意味で使うこともあるのです。この意味は意外かもしれませんが、日本語の中にも実は入ってきているいったら驚きますか。「ルーズリーフ」です。

「ルーズリーフ」は英語では loose-leaf ですので、実際の発音は「ルースリーフ」に近いのですが、いつでも取り外したり付け加えたりできるところが loose (ゆるい)と表現されているわけですね。

本やノートのページは、もともとは1枚1枚の紙からできているわけですから、「1枚のひらひらしたもの」という感じで「葉っぱ」の延長線上にイメージされて leaf と呼ばれるようになったのでしょう。

ここまでの理解を頭に置いて turn over a new leaf をもう一度考えてみましょう。そうすると「新しいページをめくる」イメージからこのイディオムができあがっていることがわかります。ノートのページをめくると、そこには何も書かれていない真っ白なページが出てきますが、そんなイメージを頭に置くと turn over a new leaf はわかりやすくなるではないかと思います。

では、最初に扱った In London, former pickpockets have turned over a new leaf, slipping money back into pockets. の意味を考えてみましょう。そうすると、「ロンドンでは元スリの人たちが新しいページをめくってお金を人々のサイフにこっそりと戻している」→「ロンドンでは元スリの人たちが心機一転してお金を人々のサイフにこっそりと戻している」という感じでとればよいわけです。不思議な内容の文ですが、こんな記事が元になっているようです。興味を持たれた方はお読み下さい。

マキさんのブログには、これ以外にもいろいろと勉強になることが出ていますので、よろしければご訪問下さい。ちなみにこの英文が掲載されていた記事はこちらです。

では、もうひとつ類似の leaf を使ったイディオムをもう一つ取り上げてみます。 take a leaf out of somebody's book です。たとえば、I decided to take a leaf out of his book and invest in real estate. のような使い方をします。この文の意味はわかるでしょうか。

take a leaf out of his book は「彼の本から1ページを取る」ですから、1ページ分をビリビリ破っていただいてくるということなんでしょうが、それを「彼のやりかたなどをそのままいただいて真似する」という意味だととればよいです。

そうすると、「私は彼の真似をして不動産投資をすることに決めた」という感じだと思えばよいですね。
※ イメージが沸いたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



    メルマガ大賞


関連記事

コメント

こんにちは! leafの意味が、紙、「(書物などの)紙葉1枚(2ページ分)」につながっていること、すごくよくわかりました!

take a leaf from his bookもなんか、マンガとかで出てきそうな、紙をビリビリとはぎとるような動きをイメージしながら読みました。

そして、先日先生の取り上げられていた、slip(とその例文、I slipped him a ten-dollar bill to keep quiet.)の「リ」の響きが1枚のうすい何かのイメージが似ているなぁなんて思いながら読みました! 

いつも想像が広がります! ありがとうございます。

マキさん、ありがとうございます!
leaf の「リ」と slip の「リ」の、共通した音の響きに気がつくとは、鋭いですね!
恥ずかしながら、私はマキさんに指摘されて意識化させていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。

>「1枚のひらひらしたもの」
コアのイメージから広げていく解説、いつもながら、お見事ですね♪
そういえば、蝶番みたいなものでパタンと天板が折りたためるタイプのテーブルは drop leaf table といいますね。←電気が通っていない家で平和に暮らしている家族が目の前にいたり、かと思えば冷房ガンガン・任天堂 Wii を使っている家がすぐ裏にあったり、困惑の南の島で使っているテーブルはこのタイプです。錆びていて折りたたみは無理ですが(汗

うろこさん、ありがとうございます。
drop leaf tableですか。全然知りませんでした。
1つ知識が増えました。言われてみると、確かに leaf の感じがしますね。
ありがとうございます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/261-10cedbef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。