スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cream 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

cream

 cream を色でたとえるとしたら、どんな色が浮かぶでしょうか。「白」という回答が多いかもしれません。

 ところで「クリームパン」とか「クリーム色」と言われてみた時に、頭の中に浮かぶ色はどうでしょうか。こう言われると薄い黄色ですよね。

 白いものの方が私たちには頭に浮かびやすい cream だと思いますが、もともとは薄い黄色のあるものを指していたというわけです。それはいったい何か、わかりますか。まずは Merriam-Webster's Lerner's Dictionary を引いてみましょう。

 the thick part of milk that rises to the top (牛乳の上澄みのねっとりしたところ)という定義が出てきました。

 本来は乳固形分は脂肪を多く含むために牛乳の上の方にたまるわけですね。このように放っておくと牛乳の上の方にたまる乳固形分のことを cream と呼ぶのがもともとだったようです。

 現代では、この乳固形分を牛乳全体に分散させた方がおいしかろうということで、ホモジェナイズド処理と呼ばれる乳固形分を均一に牛乳全体に分散させる処理を行った牛乳(ホモ牛乳)ばかりが出回っていますね。ですから、なかなかこの cream に出会うことはなくなり、イメージしにくいところもありますが、これが cream なわけです。そして、これが一般に薄い黄色をしていることから、「クリーム色」は薄い黄色になるわけです。

 ところで the cream of Hollywood society というとどういう意味かわかりますか。「アメリカ映画界の中でも飛び抜けた人たち」のような意味です。牛乳の中でももっとも成分が凝縮している部分が cream だとイメージできますから、「選び抜かれた精鋭」という意味になるわけです。

 ついでですが、この cream がこの意味で使う場合に the cream of the crop という使い方をすることが多いです。日本語で「粒ぞろい」という言い方がありますが、これを表現するのに言葉遊びの感覚で the cream of the crop と言い始めたのが起源ではないかと思います。もちろん「収穫物の中での上等部分」というような意味だったわけです。

 日本語の「粒ぞろい」が必ずしも収穫物だけの話だけで使うわけではなくなったのと同様に、この the cream of the crop も収穫物以外にも広く使われるようになっています。Of all the movies produced in a year, those nominated for Oscars are the cream of the crop.(1年間に作られる全ての映画の中で、アカデミー賞にノミネートされる作品は選りすぐりである。)のような使い方をします。

※ イメージが沸いたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





    メルマガ大賞

関連記事

コメント

蛇足ですが

アメリカではCreamとwhole milkを半々で混ぜたものをHalf&halfといいます。コーヒー屋さんにいくと、大体Half&halfとスキムミルクが最低でも魔法瓶に入れて置いてあります。

Homogenizedでない牛乳で作ったヨーグルトで、"Cream top"と明記されたものが売っています。例えばこんなのです。

http://www.browncowfarm.com/OurYogurts/CreamTop.cfm

アルミふたを開けると、そこには濃厚なクリームの層が待っていて、非常に美味です(けど食べ過ぎると世にも美しくないことになりそうです)。

そういえば、『いいとこ取りをする』という意味にも使いますよね(skim the cream off the top)。

クリーム・・・日本語にはない発想でおもしろいですね。

Penguin さん、ありがとうございます!
half&half などは、海外で生活していない私にはなじみのないもので、そういうものが普通にコーヒー屋さんに置いてあるというのは、新鮮な知識です。ありがとうございます。
ところで Penguin さんの投稿を読んでリンクも辿らせてもらったら、日本でも"Cream top"と同じで「クリーム」を実感できるヨーグルトがあることを思い出しました。「蒜山ジャージーヨーグルト」です。
http://gs.kaz.nu/img2/20060113_16e.jpg
これもものすごくおいしいのですが、やっぱりカロリーはかなり気になるお味です。(笑)

kazraaschさん、ありがとうございます。
skim the cream (off the top) は、まさに「人に苦労させて自分だけいいとこ取りする」という感じのイメージですよね。
最近の日本社会には、どうやったら skim the cream できるかということばかりを考えている人がどんどん増えている気がしますが、これがこのままいくと国家衰亡につながるだけに、ここを何とかする政策を政治家の皆さんには期待しています。(民主党は大丈夫だろうか?)

こんにちは!creamの話題大変勉強になりました!
私は最近気になったスキムミルクの単語、skimを思い出しながら読みました!
私の書いた記事(http://bit.ly/YSe4u)の(1)、skim off 「良いところをすくいとる」という意味だったのですが、ミルクのうわべをすくいとる感じが、似ているなぁと思いました!

creamの語源やイメージは今回初めて知りまして、イメージを連想させて覚えられそうです。
また牛乳の知識も面白かったです^0^
ありがとうございました。

こんにちは。skimの話題はすでに出ているようでしたね~!
cream同様、私も覚えないと~とさらに覚える原動力になりました。
   (話題が重なってすみません!)

マキさん、ありがとうございます!
スキムミルク (skimmed milk, skim milk) は cream をすくいとった「残りかす」のはずですが、現代人にはこっちの方が脂肪分が少なくてカロリー控えめなので、かえってありがたいということがあるかもしれませんね。
ところで、マキさんのページを見せていただいて、leaf について書いてみようと思いました。ヒントをいただきました。感謝です!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/260-537598a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。