simile 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

simile

 日本で「おふくろの味」といえば「味噌汁」とか「肉じゃが」とかが浮かぶと思いますが、アメリカでは「おふくろの味」といえば「アップルパイ」が浮かぶものらしいです。

 そうした関係を理解すると as American as apple pie (アップルパイのようにアメリカ的な→典型的にアメリカ的な)という表現も理解しやすくなるのではないかと思います。

 こうした「~のように…な」というのを as … as ~ を使って書くのを simile と言います。simile なんて単語は覚えにくいという人もいるでしょうが、similar の親戚の言葉だと思うと結構すんなり頭に入らないでしょうか。但し、発音には気をつけて下さいね。それはともかく、simile にはいろんなものがあります。

 as different as night and day(夜と昼ほど違う→全然違う)とか、as clear as a bell(ベルのように澄んでいる→(音が)とても澄んでいる)とか、as clear as crystal (水晶のように澄みきっている→完全に透明で、完全に明白で)とか、as busy as a bee (蜜蜂のように忙しい→とっても忙しい)などなど、本当にいろいろなものがあります。

 as healthy as a horse(馬のように健康な→とっても健康な)というのはわかりにくいと思いますが、馬の持っている力強さがそのまま健康とイメージ的に結びつけられてできあがった表現のようです。

 as poor as a chuch mouse (教会のネズミのように貧しい)というのもわかりにくい表現かもしれませんが、これも質素な教会で暮らしているネズミは食い物もなくてとりわけ大変だというイメージから生まれたもののようです。

 代表的な simile を集めたこんなサイト もあります。無理に覚えようとはしないで、雰囲気を楽しんでもらえたらと思います。

 なお、simile は前の as を省略することも多いです。例えば as cool as a cucumber が cool as a cucumber だけになっている場合もよくあります。後ろの as だけで「~のように」という意味を表せることに気がつけば、このあたりは理解しやすいでしょうか。

 ところで、ロングマンから許可をいただきまして、こんなものをブログに追加してみました。引きたい単語を入力してから OK ボタンをクリックしてみて下さい。ロングマンのオンライン辞書が開きます。


英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ イメージが沸いたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



    メルマガ大賞

関連記事

コメント

"as poor as a chuch mouse"と聞くと、このフレーズをカバーしたIRLの授業光景にさっと引き戻され(13年も前の話!!!)、いつも朝香先生の顔を思い出す私です。懐かしいですねぇ。

as~asシリーズで個人的に好きなのはas cool as a cucumberですかね。キュウリの何がクールなのだ、と昔は腑に落ちませんでしたが。

Penguinさん、ありがとうございます!
Penguinさんが生徒だったのは確かにそんなに前になりますね。私も一段とおっさんになっています(笑)
as cool as a cucumberも授業で扱いましたね。頭韻を踏んでいるとか、触った感触がひんやりしているとか、そんな話をしましたっけ。きゅうりに触ったときにひんやりとした感触を感じやすいのは、皮が薄くて比熱容量の大きい水分が表面近くにも非常に多く含まれているせいらしいですが、こんな話はどうでもいいですよね。

simile は知りませんでした。勉強になりました!

as different as night and day で、as different as chalk and cheese というのを思い出しました。as~asは似ているものを表すのが普通ですが、as different as にすれば違うものについても使えるのが面白いですね。

あ、それから今気がつきましたが、リンクしていただいたんですね。こちらからもリンクさせていただきます!

こんにちは!simileのお話、そして参考URLのページも楽しく読ませていただきました。「・・のように・・・だ」の表現はなんとなく触れたことがありましたが、これがsimileだというのは知りませんでした。発音も注意しないとだなぁなんて思いました。私もas cool as a cucumberはなぜか印象に残りました。(as cool as a cucumberの由来にはぜんぜん無関係ですが^_^;;,、きゅうりといえば夏の野菜、体を冷やす役割なんてことおもいだしました。今年は規格外野菜の代表としてがんばってくれました♪)

Applecheese さん、ありがとうございます!
as different as chalk and cheese も頭韻を踏んだ面白い表現ですね。as different の不思議さにも、いわれて初めて気がつきました。なるほど。
リンクの方もありがとうございます!

マキさん、ありがとうございます!
simile の発音については追加コメントを入れておいた方がいいですね。いい指摘、ありがとうございます!
ところでここには取り上げませんでしたが、逆説的な言い方で as clear as mud なんてのもあります。「泥のように澄んでいる」→「まったく不明確だ」という意味で使っています。嫌みたっぷりに ”Thanks for your wonderful explanation. Now everything's as clear as mud”. なんて言われたら、きついですよね。

サモアでお袋の味といったら…ペエペエでしょうかねえ。(なんにでもかかっているココナッツクリーム)ペエペエを使ったお菓子がパアパアで、林家夫婦みたいです←カンペキに壊れています
simile ってお国柄がでて面白いですよね。日本には白魚のような手、とか言う褒めことばがあると言ったら、船乗りさんたちは大喜びでした。(魚?ウェー、臭いじゃん、となる肉食米国人も多いので肩身の狭い思いをしているようで)

うろこさん、ありがとうございます。
> ペエペエを使ったお菓子がパアパアで、林家夫婦みたいです
うわっ、めちゃめちゃ面白いです!サモアのお袋の味を覚えてしまいました。(笑)
「白魚のような手」が褒め言葉になるとは、なるほど外国の方にはなかなか理解できそうにないですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/256-3ce674e7