スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

en の発音 

 end と enjoy の en ですが、同じ発音で発音していませんか。

 end の方は「エン」という感じですが、enjoy の方は「イン」という感じです。

 もう少しこだわると、enjoy の「イン」の「イ」は、日本語の「イ」と「エ」の中間的な音ですが、「エン」に慣れてしまっているのを矯正するためには、敢えて「イン」と発音してもよいと思います。

 ではどういう場合が「エン」でどういう場合が「イン」かというところが気になると思いますが、e の上にアクセントが来る場合は「エン」で、アクセントが来ない場合には「イン」だと思って下さい。

 ですから、enclose(取り囲む)も encounter(出くわす)も encourage(勇気づける)も enforce(施行する、押し付ける)も engage(雇う)も enhance(高める)も enlarge(大きくする)も enrage(激怒させる)も enrich(豊かにする)も ensure(確実にする)も entire(全体の)も environment(環境)も全部「イン」です。

 ここには、発音の強形と弱形と似たような原理が働いていると考えることもできます。

 発音の強形と弱形とは、例えば some という単語を取り上げると、some を強く発音する時には「サム」とはっきりと発音するのに対して、some を弱く発音する時には母音が消えた感じで「スム」に近い発音になるというようなものです。

 「エン」と「イン」の発音の区分け、覚えておきましょう。



  もっと充実した内容が メルマガ版「澄みわたる英語」に掲載されています。ぜひ、ご購読下さい。


※ この記事が役に立ったと思われましたら、クリックして下さいね。

     にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ    人気ブログランキング



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」

もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/25-7e40ae17

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。