an eye 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


an eye

 「~を見る目がある」ということを英語で使うときに have an eye for ~ という言い方をすることがあります。例えば「美術品の善し悪しがわかる目がある」というのは have an eye for art のような感じで言えますし、「細部を捉える目がある」というのは have an eye for detail というような感じで言えます。この表現を変形したものに、 have a good batting eye 「(野球の)選球眼がある」のような表現もあります。

 ところで、目は2つついているのにどうしてこの表現では単数の eye がついているのでしょうか。これは顔にくっついている実際の目そのもののことを eye で表現しているわけではなく、「眼力」のことを言っているからです。つまり「視覚が持つ機能」を eye として表現していると考えればよいわけです。

 類例として have an ear for ~(~を聞き分ける耳がある)という表現があります。これも an ear と単数になっているのは「聞き分けることのできる能力」という「聴覚が持つ機能」を ear として表現しているというわけです。

 keep an eye on ~(~を気をつけて見ておく)という言い方もありますが、こちらの表現でも単数形の eye になっているのも「注視」のような意味合いで、やはり「視覚が持つ機能」を eye として表現していると考えてよいかと思います。というわけで、具体物を表すのかそれとも抽象的な機能を表すのかという二面性に分けて eye を捉えておくというのも、大切な視点かもしれませんね。

 そういえば have an eye to ~ という感じで「~に向かおうとする意図を持っている」のような意味になる場合もあります。ここでは an eye は「意図」のような意味ですが、これは日本語の「~となる目をもくろんでいる」という場合の「目」と少し似ていると思うと、頭に入りやすいかもしれません。この場合の「目」も抽象的な機能ですから、an eye でも構わないわけです。具体例を挙げると、He has an eye to his own advantage. (彼は自分の利益に向かおうとする意図を持っている→彼は自分の利益を得ようと狙っている)というような表現があります。

 ところで an eye for といえば、An eye for an eye という表現もありましたね。こちらは「目には目を」ですが、ここでの eye は人間の顔にくっついている実際の「目」のことですね。「目を1つつぶされたら、つぶした相手の目も1つつぶす」という、文字通り具体的な目1つの意味でとればよいというのは、解説するまでもないことかもしれませんね。

 さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ イメージが沸いたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

No title

目には実際の目と、抽象的な概念の目がある‥。

言われてみるとなるほどですね!複数形にしたりしなかったりと、きちんと区別されているところが面白いです。

そうか、心の目は一つなんだ‥。もちろん見たことはないですけどね。(笑)

No title

 >「~を見る目がある」ということを英語で使うときに have an eye for ~
きっと本の中で出てきたら、そんな感じで理解できたと思うけど
日本語→英語の場合は、どう言えばいいんだろう?って悩みそうです。
英語って思ってるより、単純でわかりやすいんですよね。
もっと頭をやわらかくしないと!

No title

すごく注意して見ておくという意味で、keep an close eye on--というのも聞きますね。
よほど気になるものに対してかもしれませんね。。。。

自分だけの質問例、どうもありがとうございました♪
本当にまじめに作ったら、あれくらい細かくならざるをえないですよね。参考にさせていただきます。

No title

>具体物を表すのかそれとも抽象的な機能を表すのかという二面性に分けて eye を捉えておく
これはスッキリしますね。コンテンツによって単語の役割が変わるのはよくありますから、単語だけではなく、その周りを見る eye も大切ですね(^^)

No title

ぱすたさん、ありがとうございます!
>そうか、心の目は一つなんだ‥。
うまいことまとめますね。これ、授業で使わせて頂きます(^^)

No title

nappu さん、ありがとうございます!
nappu さんのおっしゃるとおり、英語も同じ人間の言葉ですから、そんなに複雑なことをやっているわけじゃないという視点を持つことも大事なことかもしれませんね。

No title

kazraasch さん、ありがとうございます!
> keep a close eye on というのも聞きますね。
kazraasch さんに触発されて、eye の前につく形容詞を調べてみましたが、圧倒的に close が多いということがわかりました。文字通りだと close eye は「接近した目」ですが、それが「注意を高めた目」という意識になるわけですね。ご指摘、ありがとうございます!

No title

うろこさん、ありがとうございます!
> 単語だけではなく、その周りを見る eye も大切ですね(^^)
いや~、座布団1枚差し上げます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/246-9b9a019c