accept と receive 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


accept と receive

 accept と receive はともに「受け取る」みたいな意味ですが、ニュアンスの違いは理解しているでしょうか。

 receive が「機械的に受け取る」という意味合いしかないのに対して、accept の方には「納得したり同意したりして受け入れる」という感じがあります。

 ですから「お手紙、受け取りました」というような場合には、 I recieved your letter. のような感じになるわけです。I accepted your letter. としてしまうと、手紙に書いてある提案を納得して受諾したというような意味のように考えないと成立しないわけです。

 「喜んで彼の招待をおうけしました」というような場合には、 I gladly accepted his invitation. のような感じになります。

 ちなみに receive の ceive と accept の cept は capture とか catch なんかと語源が共通していて、「取る」というイメージです。ceive , cept , capture , catch と並べてみると、確かに似ている感じはしないでしょうか。re が「後ろ」をイメージさせて消極的な感じ、ac は ad の親戚で前向きで積極的な感じだと思うと、それぞれのニュアンスに対応すると思えるかもしれません。

 さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ イメージが沸いたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

No title

あ、これは使い分けが難しそうですね。「お手紙うけとりました」は、問題で出されたら、どっちの単語も使えそうな感じがして間違えてしまうかも?

単純に「受け取った」というよりは、理解したというニュアンスを入れたほうが失礼が無いかな‥とか。日本人的考えですね。

No title

ぱすたさん、コメントありがとうございます!
accept your letter を使ってしまうと、手紙に書いてあった依頼などを承諾したようなニュアンスが出てくるのが普通ではないかと思います。例えば、accept his resignation letter というと「彼の辞表を受諾する」という感じです。そんな風に考えてみて下さい。

No title

その単語の日本語訳だけを見ると使い方を間違えることがあるので、用例まできちんと見たほうがいいのでしょうね。
・・・簡単なことではありませんが、こういった一つ一つの努力が実を結ぶのでしょうねえ。。。

No title

kazraasch さん、ありがとうございます!
kazraasch さんがおっしゃるとおり、用例やニュアンスを理解することも大切だということになりますね。日本の英語教育ではまだまだ弱いところだと思います。

Unacceptable

トム・ハンクスが出ていた「ターミナル」という映画で、英語があまり話せないトム・ハンクスが"Unacceptable"という言葉を聞いて、そのままオウム返しで使うシーンがあるのですが、「断る!!」というニュアンスの「受け入れられない」という意味から考えると、"accept"自体も少しイメージが沸きやすいかと、ふと思いました。

receiveの名詞のreceiptだと、物理的なものの受け取りで、中身の質・内容までチェックしていなさそうですが、acceptanceと言われると、内容がちゃんと分かってOKなのね、という感じがします。

No title

Penguin さん、ありがとう!
派生語を利用して考えるという手もありますね!
receipt の利用は頭に浮かびませんでした。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/244-f5d2c811