miss 

 miss

 Do you miss Japan? と言われて、何のことを意味しているかわかりますか?海外に出ていると、こう聞かれることもありそうです。

 「あなたはミス日本ですか?」と勘違いしてしまう女の子もいたりするようですが、残念ながらそうではありません。(笑) Are you Miss Japan? といっているわけではありませんので。

 「日本のことが恋しくないですか?」という意味です。

 今回はこのちょっととらえにくい miss について考えてみましょう。

 ところで、今、「ちょっととらえにくい」と書きましたが、実は miss の意味のおおもとには「とらえそこねる」というのがあります。

 miss a ball といえば「ボールをとらえそこねる」ですし、miss the last train といえば「最終列車をとらえそこねる」→「最終列車に乗り遅れる」です。miss the point といえば「要点をとらえそこねる」→「要点がわからない」ですし、miss the TV program は「テレビ番組をとらえそこねる」→「テレビ番組を見そびれる」です。

 道を教えてもらった時に、説明してくれた人が最後に You cannot miss it. ということがありますが、意味はわかるでしょうか。「あなたはそれをとらえそこねることはできない」ですから、「絶対にわかりますよ」という意味だととればよいですね。

 ここから少し応用に入ります。

 今日は帰宅したらお母さんがパイを作っておいてくれるといっていたから楽しみにして帰って来たのに、お母さんは作り忘れていたという場面を想像してみてください。

 この場合、「パイをとらえそこねる」わけですから、miss my mother's pie という言い方もできるわけですが、この時に同時に「パイがなくて残念だ」という気持ちも入りますね。ここから miss ~ は「~がなくて残念だ」「~がなくてさびしいと思う」という意味にも使うようになりました。

 I'll miss you. という言い方があります。I'll という形で未来形になっているところを頭において考えましょう。今目の前にいるあなたとこれからしばらく離ればなれになって会えなくなってしまうという場面を考えて下さい。「これからはあなたがいなくなって寂しく思うことになる」という感じです。「寂しくなるね」ととればよいでしょうか。
 
 そうすると、海外にいる時に Do you miss Japan? と尋ねられた時に、「日本のことが恋しくないですか?」という意味になるということは理解できるようになったのではないでしょうか。日本を離れているので日本をとらえそこねているわけですが、そのことを寂しいとは思っていませんかという感じで理解すればよいということになります。

 応用の方向として、もう一つ考えておきたいものがあります。

 miss the game といえば、「その試合をとらえそこねる」ということですから、「その試合に出られない」という意味だろうと想像できると思います。

 ところがこういうと、試合に出ようとしていることが前提のように感じてしまいますね。実際にはもう少し意味は広く、結果的に試合に出ないのであれば、意図的だろうがそうでなかろうが、同じ表現が使えると思ってください。

 miss his class というと「彼の授業を欠席する」ですが、病気などでやむを得ず欠席する場合にも、意図的に欠席する場合にも、ともに用いることができます。

 miss the crowd は「人ごみをさける」ですが、意図的に避ける場合であれ、結果的に人ごみにあわずにすむ場合であれ、使うことができると考えてもらって結構です。

 英語で miss といえば、ほぼ動詞で使うものだと思っていて下さい。日本語では「失敗」の意味の名詞として「ミス」という言葉を使いますから、この点でかなり落差がありますね。

 ですから日本語の名詞として用いる「ミス」の中で miss を使って表せるものは極めて限られています。全くないと思っていても大丈夫なくらいです。たいていは mistake とか error とかを使うことになると思っていてください。例えば、「ケアレスミス」は careless mistake のような言い方をするのが普通で、careless miss とはいいません。



  もっと充実した内容が メルマガ版「澄みわたる英語」に掲載されています。ぜひ、ご購読下さい。


※ この記事が役に立ったと思われましたら、クリックして下さいね。

     にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ    人気ブログランキング



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」

もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/24-a56adfc3