investigation 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


 investigation の意味はと聞かれたら、「調査」というのはよく出てくるかと思いますが、では research とか survey とはどう違うのかはイメージできるでしょうか。

 research は比較的イメージしやすいと思いますが、調べたいテーマに関して、今までに行われていない捉え方から考えてみるとか、今までにわかっていない事実や情報を求めて調査を行うという感じで考えればよいかと思います。

 survey も research に少し似たところがあり、やはり何かのテーマに関する調査だということができますが、単純なデーターの収集や整理も含み、全体像を示す感じが強い感じがします。ですから「国勢調査」のようなものを表現するのに census survey を使うことはあっても census research を使うことはないように思います。(もっとも、「国勢調査」を表現する場合には、census だけを用いればよく、survey も research もつけなくてよいともいえますが。)

 これに対して investigation は発生した出来事に関する「真相究明」をする感じです。従って「捜査」の意味で使うことも多いように思います。investigation と語源的なつながりのある単語に vestage というややマイナーな単語がありますが、この単語の意味合いは「痕跡」のような意味です。現場に残された痕跡を調べることによって、事件の真相を解明しようという「捜査」は、まさに investigation という感じです。

 vestage なんて単語は覚えなくてもいいのかもしれませんが、こうして出会ったのも何かの縁ですから、これを機会に覚えてやって下さい。(笑)

 さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ イメージが沸いたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

No title

一口に「調査」といっても、切り口や手に入れたい結果によっていろいろな単語があるのですね。うーん、奥が深い。この違いを知っていると、実際に自分が何かを調べるときとても参考になります。

No title

相棒の乗る船は定期点検を受けるので準備のための survey に忙しく、水温の research をしている最中に故障したスペイン船は investigation に忙しい、と、ゆうべ相棒と喋っていたので、とってもタイムリーでした(^^)

No title

ASAKAさん、こんにちは。
investigation に限らず、日本語では同じような意味を持つ単語を
それぞれ個々を並べてみると、分かったような気になりますが、
いざ発信する段になると、混乱をしてしまいます。
分かっていない証拠ですね。

No title

ぱすたさん、ありがとうございます!
こうした違いが実際にあっても、同じ「調査」という意味で覚えてしまうと、なかなか違いが頭に入らないのが難点ですよね。

No title

うろこさん、ありがとうございます!
とってもわかりやすい例を示して下さって、ありがとうございます!まさに survey と research と investigation の雰囲気がドンピシャですね!

No title

Nemo さん、ありがとうございます!
英語で発信する時は迷いますよね。英英辞典を引いてニュアンスをつかんだ気がしても、なかなか自信は持てないものですよね。

No title

お久しぶりです。出張で渡英して、初めて本場のイギリス英語の世界にどっぷりつかってきました。アメリカ英語からすると、地下鉄でMind the closing doorとか言われてもしっくり来ないものです。

Investigationですが、結構研究の世界では出てくる単語で、グラントを管理して、研究の先導をとっている人はPrincipal Investigator、通称PIですし、結構有名なジャーナルにJournal of Clinical Investigationというのもありますよ。もちろん、犯罪捜査の類のInvestigationもしょっちゅうニュースで使われていますが。

No title

Penguin さん、ありがとうございます!
clinical investigation というのは「臨床試験」の意味合いですか。私が知っているよりも幅広い使い方ができるわけですね。そうすると、「発生した出来事に関する」という部分は抜いた方がよいのかもしれませんね。
今回の記事を書くにあたっては、参考に Merriam Webster's Learner's Dictionary も引いたのですが、そこには、
to try to find out the facts about (something, such as a crime or an accident) in order to learn how it happened, who did it, etc.
to try to get information about (someone who may have done something illegal)
の2つの語義が出ていました。

No title

専門外なので、一応ダンナにきいて見ましたところ、clinical investigationは「臨床研究」であり、特に「試験」の意味合いではないとのことです。臨床試験ってよく英語ではclinical trialになっている気がします。

Researchとinvestigationは研究の世界では結構interchangeableのようです。

No title

Penguinさん、追加情報、ありがとうございます!
clinical investigation を「英辞郎」で検索しましたら、「臨床試験」になっていたのですが、これ自体が違うわけですね。
http://eow.alc.co.jp/clinical+investigation/UTF-8/?ref=sa
研究の世界では research と investigation はかなり interchangeable だということも、覚えておきます。
本当にありがとうございます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/236-e8ac1b81