deca 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


 英語で deca って出てきたら、何の意味でしょうか。当然ながら、「警察官」ではありません。

 ところで、ボッカチオが書いた「デカメロン」って作品の名前、聞いたことある人も多いでしょう。これは「大きなメロン」のことを書いた話ではもちろんありませんね。

 この「デカメロン」ですが、「十日物語」と翻訳されているのを見た記憶はないでしょうか。「デカ」が「十」で「メロン」が「日」を表すと思っていて下さい。

 そういえば、decade は「十年」ですし、オリンピックで見かける「十種競技」は decathlon ですね。水泳と自転車とマラソンの3つをこなす「トライアスロン」は triathlon ですから、「十種競技」に倣えば、こちらは「三種競技」といってもよさそうですね。当然 tri が three の意味です。

 さて、 deca に関するさらなる話はメルマガ版「澄みわたる英語」 でそのうち扱わせてください。無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ イメージが沸いたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さい。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


 イメージの沸きやすい語源単語集を作るというプロジェクトを始めることにしました。このプロジェクトのために、当面は語源整理ばかりにこのブログを活用することにします。話題が偏ることになりますが、ご了解下さい。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

No title

パプアニューギニアのドコソコ部族の首狩の風習は decades ago には廃れていたのに…という雑誌の記事を読みつつ、ひえーまだ100年たっていないのか!と驚いたことを思い出しました(^^;
数の単位など、別の表現を知っているとググっといろいろ楽になりますよね☆いつもありがとうございます♪

No title

うろこさん、コメントありがとうございます!
首狩りの風習はそんな最近まであったんですか!?
いやいやびっくりしました!

No title

デカといえば警察、デカメロンといえばでっかいメロン‥。違うと知りつつ、条件反射で映像が浮かんでしまいます。日本語の先入観を排除して、別のものをイメージするのは難しいですね。v-393

No title

デカメロンは十日物語ですか・・
語源は興味が持てますし、いい覚え方ですね。

December

December が10の月であるのも
1年がMarchで始まっていた頃の名残ですね.

  • [2008/11/09 17:22]
  • URL |
  • 池村大一郎の英語学習おもしろダイアリー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

No title

ぱすたさん、ありがとうございます!
条件反射で違うものが浮かんでしますのは私も同じです。(^_^;)
日本人が理解するまでワンテンポ遅れるのは仕方がないことかもしれませんね。

No title

Q太郎さん、ありがとうございます!
「メロン」の方にも面白い話がありますので、メルマガを楽しみにしていて下さい (^_-)-☆

No title

池村さん、お久しぶりです。
まさにその通りですね。後から付けられた January と February が「1月」と「2月」になったというのは面白いと思います。

No title

みかりさん、ありがとうございます!
うっかりしてみかりさんの発言を消去してしまったようで、大変失礼いたしました。 <m(__)m>
メルマガ登録もして下さったとのこと、ありがとうございます!
知的感動の授業に、少しでも活かしていただけたら嬉しいです!
今後ともよろしくお願いいたします。

本の紹介

直接は関係がなくて申し訳ありませんが、間接的に関係がありますので投稿します。私は『つたない直訳から、こなれた翻訳へ』という本を個人的に出版しました。この本は本屋には置かれておらず、インターネット上の「ホンニナルブックストア」に出品されています。詳しくは、http://www.honninaru.com/web_order/publish/bookstore/ にアクセスしてみてください。分類の「教育」を選択すると、少し早く見つかるでしょう。

No title

成田様、書籍のご案内ありがとうございました。
「国富論」の和訳を素材にということですが、私も学生時代に読んだことのある本なのに、該当箇所は思い出せませんでした。(汗;
much のニュアンスをうまく出すところと or をうまく処理するところはなかなか大変そうですね。これからもいい仕事をなさってください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/213-3f835581