スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

each other 

 each other

            今回は

   「彼らは互いに無関心である」の英作を考えてみましょう。


        まず、前提知識をかねてのお願いですが、

   「無関心だ」という形容詞に  indifferent  を使ってください。


               ところで、

        「彼らは互いに愛し合っている」は

  They love each other.   と書けばよいということは知っていますか。

        これが頭にあると、同じようにして

 They are indifferent each other.   でいいかなと考えがちです。


       ところがこれはちょっとまずいです。


 そこで、 They love each other.   の構造を考えてみましょう。


        They love each other. とは、

   「彼は彼女を愛している」と「彼女は彼を愛している」を

      2つ重ねて書いたようなものです。


        以下に3つの英文を並べますが、

  1番下の英文は上の2つの英文を足し合わせた内容を表すと思って下さい。


    He loves her.
  + She loves him.
  -----------------------------------------------
    They love each other.


      ここで each other の果たしている役割を考えると、

意味の上では「彼」から見た「彼女」と「彼女」から見た「彼」を重ねる表現、

       つまり「お互い」に相当するとわかります。


       They love each other.を直訳すると、

      「彼らはお互い*を*愛している」なのですが、

        日本語としてはピンとこないので、

    「彼らはお互い*に*愛し合っている」に変えているわけです。


      では文法上の機能で考えるとどうなるでしょうか。

   her や him と同じ役割を果たしているので、代名詞であるとわかります。


      each other は him や her の役割だけを果たしており、

   前置詞のついた to him や to her の役割は果たしていないわけです。


      和訳で「彼らはお互いに愛し合っている」と言ってしまうので、

each other が「お互いに」という副詞の役割を果たしているようにみえるのですが、

    あくまで each other の果たしている役割は代名詞に限られるのです。


           さて、ここで、同じように、

    「彼は彼女に無関心である」と「彼女は彼に無関心である」を

           縦に並べて書いてみましょう。


    He is indifferent to her.
    She is indifferent to him.


          この2つの英文の内容を重ね合わせて

  「彼らは互いに無関心である」を英作するとどうなると考えればよさそうか、

         想像はついてきたのではないでしょうか。


   They are indifferent each other.  は間違いで、

   They are indifferent to each other.  が正解ですね。


     each other の文法上の機能が代名詞であることを自覚していれば、

          her や him と同じ役割を果たせても、

   to her や to him と同じ役割を果たすことはできないと理解できると思います。


           これで今日の問題は一応解決しました。

               ところで、

        indifferent は different の反意語っぽいのに、

   どうしてこんな意味になるのかという素朴な疑問は浮かびませんでしたか?


            ぱっと見ではわかりにくいのですが、

       「違わない」---->「どっちだっていい」---->「無関心な」

            という流れになっているんですね。


            さて、「お互い」ですが、

        each other の他に one another がありますが、

      これには使い分けは実質的にはないと考えていて大丈夫です。


     「2者以上の場合に each other、3者以上の場合に one another」って、

                昔はよく言われていて、

            単語の組み合わせから論理的に考えると

           この使い分けは妥当だといいたくなるのですが、

              現実はそうではないらしいので、

                現実を追認しましょう。


          使用頻度は each other の方が圧倒的に多く、

       one another のような使い方の適否のムラもないようなので、

      一般的には each other を使っておけばいいかなと思っています。


  このように、論理とイメージを大切にしながら、IRLでは授業を行っています。

   ※ FC2 ブログランキング参加中です。役立ったと思ったら、

↓ の"FC2 Blog Ranking"をクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 メルマガ版「澄みわたる英語」の購読はこちらから


 大学受験IRL の岩田が高校生の心のケアの気付きを記した
 メルマガ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

「ココロの引出し、アタマの引出し」

      発行 大学受験IRL   朝香 豊


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログ拍手

関連記事

コメント

去年お世話になりました大さんLoveの卒業生ですv-238
今日Lから手紙がきてて始めてLのHPを覗いてみましたv-237
Lもいろ②がんばってますね☆
このまま世に名を知らしめて是非全国制覇とかしちゃってくださいv-91
私も次こそ全国模試で全国制覇!!(・・・って浪人なのがバレるv-12笑)
でゎでゎまたいつの日かv-22

 コメント、ありがとう!!!

 大さんv-238にも伝えておくね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/2-4de87922

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。