スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

bran 系の単語 

 burn は「燃える」ですね。brandy は「ブランデー」ですね。この両者は綴りが似ていますが、語源的に関係はあるのでしょうか。

 ブランデーは蒸留酒として知られています。アルコールの沸点は78度くらいで、水の沸点よりもだいぶ低いので、お酒をいったん火にかけて、揮発した蒸気を集めて冷やすと、元のお酒よりも遙かにアルコール濃度の高いお酒ができますね。こうして造ったお酒が蒸留酒です。ブランデーは白ワインを蒸留して作るのがもっとも一般的です。

 この「火にかけて作る」というところから名前がついたのが brandy で、こういう点で burn とつながっていたというわけです。

 ちなみにベルサーチだのアルマーニだのという brand も、語源的には同じです。牧場にいる牛の体に焼きごてを押して、自分の所有物であることを示したのが brand だったわけです。これがもとになって「商標」の意味へと発展していったというわけです。

 さて、 bran 系の単語に関するさらなる話はメルマガ版「澄みわたる英語」 でそのうち扱わせてください。無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ 知識が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さい。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


 イメージの沸きやすい語源単語集を作るというプロジェクトを始めることにしました。このプロジェクトのために、当面は語源整理ばかりにこのブログを活用することにします。話題が偏ることになりますが、ご了解下さい。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/195-0172f46c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。