eat 

 「食べる」の「食」の字を用いた言葉に「浸食」とか「腐食」なんて言葉がありますね。

 波が海岸を徐々に削り取っていく様子、さびが金属をぼろぼろにしていく様子を、ご先祖様は「食」という言葉を使って表現したわけですが、この感触は今の私たちでも十分理解できるところだと思います。

 実は、英語の eat についても同じようなことがいえます。「その海岸は波に浸食された」というのをThe shore was eaten away by the waves. のようにいうこともできますし、「私の自転車はさびてきている」というのを Rust is eating away my bike. のようにいうこともできます。

 こうした発想の延長線上で、心配事とかいらいらすることが人間を浸食してるようなイメージも持てると思います。それでイライラいしている相手に向かって "What's eating you?" (何があなたを浸食しているの?→何のことでイライラしているの?)のような使い方もできるわけです。

 さて、 eat に関するさらなる話はメルマガ版「澄みわたる英語」 でそのうち扱わせてください。無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ 知識が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さい。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

No title

アロハタワーで博物館をしていた船 Falls of Clyde 嬢も Rust is eating away なので、歴史的に勝ちある船をちゃんと保護できなかった関係者を、識者が eat them alive してますデス…。
専門家によると損傷が激しいので、すぐに手立てが見つからなければ沖へ沈めて魚の住処にするらしいです。残念ッ!澄み渡る解説ありがとうございまーっす♪ポチ!

No title

うろこさん、コメントありがとうございます!
Falls of Clyde という船の話、全然知りませんでした。
歴史的な船なんですね。
うろこさんは「船」を she で受けることを意識して「嬢」と表記されていましたが、元々は男だけの乗り物だったために、好きな女の人の名前を好んでつけるのがはやり、イメージとして she で受けるということになったらしいです。(^^) 
さて、今頃「うろこ号」はどのあたりを回っているのでしょうか??

No title

eat、食べるという単語は人間にとって身近な行為であるがゆえに、イメージも広がっていきやすいなぁと思いました。
What's eating you?
使ってみたいですが、私のレベルが使うとそのままに受け取られて相手が??となりそうです。(悲)

No title


すみません、まちがえました、、
「何があなたを食べているの」だから間違えられようがないですね、、
適当に文章を読んでいる証拠です。
文法復習しなければ文法 汗

No title

applestyle さん、コメントありがとうございます!
すぐに間違いに気がついたわけですから、大丈夫です。
食事中の生徒を捕まえていじわるして What's eating you? と聞いても、たぶん "rice" とかって答えそうですね。今度本当にやってみようかな?(実は私はかなり意地悪で~す)

No title

こんにちは~!
先日はアドバイスありがとうございました。
(ωV_vω)ペコ
What's eating you?
なんて言われたら…(〟-_・)ン?
私もriceって答えるでしょう…。
英語って面白い!!って思いました(o^―^o)ニコ

No title

SENNA さん、ありがとうございます!
私も案外とっさに聞かれたら頭真っ白になっちゃうかもしれませんね。
これからもよろしくお願いいたします!

No title

「食べる」ということから少し離れた意味で使われているにも関わらず、英語にも日本語にも、同じようなイメージ広がりをもって使われているんですね。
なんとなく擬人化っぽい感じもして、おもしろいです。

No title

ぱすたさん、コメントありがとうございます!
英語と日本語で同じようなイメージだと理解しやすくてたすかりますね! 全部そうだといいんだけれど…(^_^)v

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/188-345a75b3