スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「行く」 

 「では、これからあなたの事務所に行きますね」を英作してみましょう。

 Then I'm going to go to your office. なんかが頭に浮かんだかもしれませんが、この英文だとちょっと変な感じを与えてしまうと思います。

 さて、be going to と go の組み合わせだと going と go をともに用いることになるので気持ち悪いという人もいるかもしれませんが、現代英語ではこれは違和感なく使えるようになっていますので、この点はご安心下さい。

 とはいえ、ここで be going to を使うのは適切ではありません。be going to ~ というのは見かけをよく見ると進行形になっており、「~する方向に向かっているところだ」というのが元々の意味です。向かって動いている途中の話じゃないと使えないということになります。

 ということは、「予定」や「意志」を be going to が表すとしても、話の成り行きの中で決まった「予定」や生じた「意志」を表すのに用いるのは適切ではないということになります。

 そうすると、ここで用いていた be going to は will にした方がよいということになります。

 では、be going to を will にしさえすればそれでよいかというと、もう一点問題があります。

 「あなたの事務所に行く」のであれば、この場合の「行く」は go ではなく come を使うべきだということです。(他にもいろいろな言い方ができると思いますが、 go と come の選択だけで考えると come になるということです。)

 日本語の「行く」と「来る」は「自分」に基準に置いていて、自分の場所に近づいてくることだけを「来る」といいますね。

 英語の come には基準が2カ所あって、「自分」に近づいてくることと「相手」に近づいていくことをともに表していると思って下さい。会話の主役は当然「自分」と「相手」だということになると思いますが、そのどちらにも重きを置いていて、そこに「近づく」ことを come というと思って欲しいのです。

 上記の考えだけでは説明できない come の使い方もありますが、その場合も意識を向けているところに「近づく」のか「外れる」のかと考えると、「近づく」なんだということがわかります。こういう視点で捉えていくと理解できるようになっています。

 ただ慣れないうちに「意識を向けているところに近づく」を一人歩きさせると、go で表現すべきところで come を使ってしまうということもありますから、まず最初の段階としては基準が「自分」と「相手」の2カ所だというところから押さえて欲しいわけです。

 というわけで、答を作ると、Then I'll come to your office. のようになります。

 さて、 「行く」に関するさらなる話はメルマガ版「澄みわたる英語」 でそのうち扱わせてください。無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ 知識が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さい。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

No title

willもcomeも簡単な単語のようでいて奥が深いですね。
つくづく日本語と英語って違うなぁと思います。
comeは少し前にNHKテレビの英語講座で学びました。
みんなで共同生活していてある夜トラブルが起こり、「ねぇ、こっちに来て助けて!」と仲間に言われて「今いくよ」というときにgoを使った主人公が「え、こんな夜に一体どこに行くの?」ってみんなに驚かれている状況が今も忘れられません。
ちょっと大げさ目な寸劇でしたが、逆にcomeのイメージがしっかり頭に残ったような気がします(笑)

No title

go と come は、留学生のみなさんもホストファミリーとの笑い話を織り成す単語ですよね。「夕飯できたわよ、いらっしゃーい!」「はい今行きまーす!」「えっ、アナタどこへ行っちゃうつもり?」なんて、ワタシもよーくやりました(懐)地点が二つある、と捉えなおす感覚はきっとすごく大きな助けになると思います♪今日も澄み渡る解説ありがとうございまーっす☆

No title

此処は英語の勉強になるしよく覗いています
ただ・・・詳しくはメルマガ版「澄みわたる英語」 をご覧ください・・・という言い方が引っかかる
だって6月に更新したきり2ヶ月も滞っているではないか?
変に機体をあおられ利とかえって upset です
以上、文末の煽りと現実の結果に尽きて考慮してください

No title

こんにちは。
この「COME」「GO」使い分けでは、未だに日本語的な発想が抜けません!
電話で「明日そこへ行きます。」と言おうとして、ついつい「GO」を使ってしまったり、相手がその場所にいないのに「COME」と言って、笑われてしまったりしています(^_^;)

No title

こんにちは。

今日の内容も、勉強になりました。
暑い日が続きますが、お体に気をつけてがんばってください。
自分も時間を有効に使ってがんばりたいと思います。

また、お邪魔します。

No title

匿名でご投稿された方、お怒りごもっともです。ただ、幾分誤解されているところもあるところが残念です。
個人的な事情ですが、私は元々からだが弱く、一度調子を崩すと短くて数ヶ月、長いと2~3年にわたって不調が続くということを繰り返してきました。今年は4月の終わり頃から体調を崩し始め、今もあまりよくない状態が続いております。
過去のメルマガをご覧いただけるとおわかりになるかと思いますが、ブログとはエネルギーのかけ方が随分違ったものとなっています。私の中ではメルマガの方がブログの20倍から30倍はエネルギーを使うものとなっています。そこまでのエネルギーの支出は勘弁してもらいたいというのが、現在の私の心境です。
現行の体力のもとで、今自分にできることとしてブログは継続しているわけですが、メルマガは体調が戻ってくるまで様子見とさせてもらいたいわけです。
ただ、どの記事についても、メルマガでより詳細に扱っていきたいという気持ちに偽りはありません。
こうした事情をご理解いただければ幸いです。

No title

applestyleさん、いつもありがとうございます!
その寸劇、面白いですね。日常でもその寸劇に近いことがよく繰り広げられていると思います。偉そうな解説を書いておきながら、私自身がよく間違えます。v-398
慣れるしかないんでしょうね。

No title

うろこさん、コメントありがとうございます!
このクセはなかなか直らないですよね。
うろこさんも苦労されたんだと思うと、ちょっとホッとします。(笑)

No title

bilbyさん、ありがとうございます!
bilbyさんのお気持ち、よ~くわかります!
理屈でわかっていても…という話ですよね。

No title

おお、Q太郎さんじゃないですか!
Q太郎さんにはぜひ夢をかなえていってもらいたいですね!
これからもヨロシク!

No title

みなこさん、心温まるメール、ありがとうございます!
メッセージ頂きました。
マックはウィンドウズよりやさしいと思いますので、ぜひ使ってみて下さい(^^)

No title

 こんばんは! お店の人にもそう聞きますが、どんな機械も慣れるまでが大変なんです、私(笑)。ちなみに、デザイン関係の業種の方が(建築デザイナー)勧めてくれましたが、私はもっぱら文章のみの利用なので、あまり変わりはないのでしょうか?

No title

みなこさん、ありがとうございます!
私がマックの方がいいと思っているのは、ただ単に15年以上も使い続けていて、その使い心地が馴染んでいるせいかもしれません。 (^^) なので、敢えて変える必要はないとは思います。
それでも、トラブルが起こったときの対処のしやすさはマックの方がやりやすいのは確かだとは思います。
今のマックにはウィンドウズも一緒に載せられますから、マックを買ってウィンドウズも入れてしまうというのも手かもしれません。ちなみに私はそうしています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/181-884f56df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。