スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

probably 

 日本では perhaps, maybe, probably といった英単語に、「たぶん」とか「恐らく」という訳語を一律に与えてしまっていることが多いですね。

 日本語で「たぶん」とか「恐らく」という言葉を与えているときには、7割~8割の確率でそうなりそうだというような場合が標準的な使い方だろうと思います。「たぶん正しいよ」と言っていて、確率20%の話だったら、オイオイって思いますよね。

 ところが先程の3つの単語のうち、7割~8割の確率でそうなりそうだという意味になるのは、probably だけだと思って下さい。

 probably は probable の派生語ですが、この probable は prove + able (証明できる)というところから発展したものです。「証明できる」というより「説明できる」という感じだと思った方がいいんじゃないかなと、個人的には思っています。

 「彼はたぶん合格するよ」というのは、彼の日頃の成績や取り組み具合から判断して、合格という結果につながるのが当然だという感じで捉えることができると思いますが、このように結果が生まれることについての説明がつけられるくらいの確率だというのが probably だと考えてみて欲しいのです。

 perhaps や maybe についてはここで具体的に説明するとかなり長くなりますからやめさせていただきますが、7割~8割の確率とはとても言えず、どちらの表現も3割程度で利用する表現で、せいぜい5割程度までしか扱えないことだけ触れておきます。
 
 さて、 probably に関するさらなる話はメルマガ版「澄みわたる英語」 でそのうち扱わせてください。無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ 知識が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さい。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

No title

[日本語だと「多分」という一言で、あいまいにしてしまえることが、英語だと、どの単語をチョイスするかで、おおよその確率まで推し量れてしまうんですね!国民性だなあ‥。v-411

No title

ぱすたさん、ありがとうございます!
確率を正確に表しているわけではなくて、気持ちの込め方の違いが確率にも反映しているという感じでしょうか。わかりにくくてごめんなさい。<m(__)m>

No title

こんにちは。
maybeとは、もっと高い確率で(50%以上)”そうなりそう”と言う時使うんだと思っていました(汗)
パーティーなどのお誘いを受けたとき”maybe"を使っていたから、すごくいい加減な印象与えていたことでしょう(ーー;)勉強になりました!ありがとうございます。

No title

「多分」にバラエティがあるのも、農耕民族と狩猟民族の違いな気がして、机を叩いている私であります。獲物をしとめるには「多分」の度合いを共有するのって、大事ですもんね!お気に入りブログが1位だと嬉しいデス!

No title

bilby さん、コメントありがとうございます!
「maybe = たぶん」だとしか教えられないのが普通ですから、bilby さんが勘違いするのも仕方ないですよね。
言葉の成り立ちは単純で、may be ~(~かもしれない)から起こっている表現です。そんなことを考えると、確率的にはそれほど高くはなさそうだなということも理解できるのではないでしょうか。

No title

うろこさん、いつも応援ありがとうございます!
日本語の曖昧さもちょっと困りものの時もあって、例えば生徒に調子を訊くと、よく「微妙」って答が返ってきます。(笑)
調子いいのに調子いいと言うと調子こいてると思われそうだから言っているのか、めちゃめちゃやばいのにそういうわけにもいかずに言っているのか、さっぱりわからんです。そこで「たぶん」と考えるわけですが、こうなると「たぶん」の確率は果たしてどうなるんでしょう??

Maybe, maybe not...

Maybeが会話に出てくると
Maybe, maybe not...
と言う人もいて、まぁ良くて半々のチャンスか、と
思うようになりました。

No title

Penguin さん、ありがとうございます!
> Maybe, maybe not...
> と言う人もいて、まぁ良くて半々のチャンスか
この捉え方、とてもいいですね!
ところで、生徒時代にこの話、しなかったでしたっけ?(汗;

No title

個人的にはmaybeの適訳は「~かもね」だと思ってます。
自分の意見に対する答えが、maybeだと多少がっかりですね。

No title

けんさん、その気持ちよくわかります!
「~かもね」というのはまさに適訳ですね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/178-f8036c75

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。