スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

make one's way 

 make one's way という表現の意味はわかりますか。

 make は「作る」で捉えればよいですね。way はよく「道」と考えますが、「道」だと road などとの区別がわからなくなってしまう人もいるんじゃないでしょうか。根っこの意味合いとしては「進むべき道筋」という感じがあると思っておくと、頭が動きやすくなるのではないかと思います。

 そうするとmake one's way で、「人が進むべき道筋を作る」→「人が進むべき方向に進む」という感じの表現になりそうだということが一応わかると思います。

 ところで、この make one's way の make を別の動詞に置き換えることで、 make one's way の意味合いを広げるということを、英語ではやることができます。

 例えば、 push one's way というと「押し分けて進む」、work one's way というと「苦労して進む」、feel one's way というと「手探りで進む」、elbow one's way というと elbow が「肘」であることを意識すると想像がつくと思いますが、「肘で押し分けて進む」という感じです。

 その他にも、青虫なんかの話になりますが eat one's way (食べながら進む)なんてのもあります。

 smile one's way で「にこにこしながら世間を渡っていく」(笑)なんてのもあります。
 
 さて、 make one's way に関するさらなる話はメルマガ版「澄みわたる英語」 でそのうち扱わせてください。無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ 知識が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さい。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

No title

へ~、one's way だけでこんなに熟語があるとは知りませんでした。覚えやすいので、実生活でも使えそうですね。ありがとうございました。応援ポチ。

No title

けんさん、ありがとうございます!
けんさんがご紹介下さった The Corpus of Contemporary American English なんかを利用すると、もっともっと類例が出てきますね。pay one's way なんかは私も初めて知りました。

No title

あ、これはまた、枝葉が広がるような解説ありがとうございます♪
単語は忘れやすいものですから、何かに関連づいていると思い出しやすいというか、活用しやすくなりますもんね!

No title

こうやってひとかたまりで覚えると忘れにくいですね。
しかしsmile one's way は面白いですね。
one's way をいろいろ使って詩とか歌とか作れそう!
私もsmile one's way で人生楽しく暮らしていきたいです^^

No title

うろこさん、ありがとうございます!
芋づる式に広がりがあると、記憶に残りやすいですよね。
応援、ありがとうございます!

No title

applestyle さん、ありがとうございます!
ぜひぜひ、one's way を利用した詩を作って下さい(笑)
smile one's way で人生過ごせたら、素晴らしいですね。

No title

とても幅の広い熟語ですね。「これを使って、いろいろな詩などを作れそう」というapplestyleさんのコメントに共感です。その詩を読んでみたいって思っちゃいました。
それにしても、おのおのがいろんなことをやりながら、人生を歩んでいるんですねえ。v-411

No title

ぱすたさん、ありがとうございます!
ぱすたさんには、これらの表現を盛り込んだ4コマ漫画を書いてもらいたいですね。(^^)
1コマ1つとして、4つ入りますよ!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/175-8926f08e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。