consent 

 consent をカタカナ読みすると「コンセント」になってしまいますので、電気のコンセントのことも表すと勘違いされやすい語です。

 電気のコンセントは outlet のような言い方をして、consent のような言い方はしないという点は気を付けておいて下さいね。「コンセント」は完全な和製英語です。

 では consent とはどういう意味かというと、「同意」とか「一致」のような意味です。

 この語は語源を利用すると覚えやすいです。

 consent の con は「ともに」という意味です。

 「接触する」は英語では contact ですが、これは「ともに触れる」という感じから来ています。これなんかを頭に浮かべると、con が「ともに」という意味であることは理解しやすいのではないかと思います。

 consent の sent は「気持ち」なんかを表します。sentimental の sent と同じです。sense の親戚と考えてもわかりやすいかもしれません。

 「ともに同じ気持ち」というのが consent だといことになります。

 こうして理解しておくと、綴りについても concent だったか consent だったかと迷うこともなくなりますね。

 また、「コンセンサス」も consent の親戚の言葉だということを意識しておくと、頭にさらに残りやすくなりますね。

 では、「コンセンサス」はどう綴ればよいでしょうか。consent の親戚だったことを意識していれば、consensus であって、concensus ではないということがわかるはずです。

 ちなみに、「国勢調査」を表す census は census であって、sensus ではありません。「気持ち」とは関係ないと思っていると、少しは頭に入りやすいかもしれません。
 
 さて、 consent に関するさらなる話はメルマガ版「澄みわたる英語」 でそのうち扱わせてください。無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ 知識が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さい。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

No title

今回も澄み渡る解説ありがとうございます♪&澄み渡って一位ですね☆
ソフトCとSのスペルは混乱しやすいものですが、こうやって整理していただけるとまさしく澄み渡る感じです☆ありがとうございマス!

No title

Wikipediaを見たら、和製英語のコンセントはconcentric plug(同心のプラグ)から来ているという記事が見つかりました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%8D%E7%B7%9A%E7%94%A8%E5%B7%AE%E8%BE%BC%E6%8E%A5%E7%B6%9A%E5%99%A8

カタカナって外国文化を吸収する上で、非常に便利なものですけど、和製英語っていう弊害もありますよね。

No title

けんさん、ありがとうございます!
この和製英語でさらに面白いのは、concentric plug という語自体からして和製英語らしいという話があり、ひょっとしたら「コンセント」は和製英語から作られた和製英語という、なかなかすごい単語かもしれないというところです。こんなところに感心を持つのはオタク過ぎでしょうか。失礼しました。m(_ _)m

No title

いつも興味深いお話をありがとうございます。
とても面白いので、ブログのバックナンバーも最初から少しづつ読ませて
いただいてます。
単語のコアイメージをつかむと解釈が広がりますね。
あと複数形と単数形で意味が違う場合が多いということを知って
他で単語に触れる時に意識して単数複数を見るようになりました。
なるほどー納得です。
これからも少しづつ楽しませていただきたいと思います。
いつもありがとうございます。

No title

うろこさん、いつもありがとうございます!
こんな感じでいつもCとSが区別がつけばいいのですが、いつもとはいかないところがつらいですね。区別が付けられるものだけでもつけておきたいです。

No title

applestyle さん、嬉しいコメントありがとうございます!
バックナンバー、ぜひぜひ見てやって下さい。
これからもよろしくお願い致します。

No title

コンセントが和製英語だと知らなかった頃アメリカで「コンセントはどこか?」と聞こうとして苦労したことがあります!
得意のジェスチャーで必死に伝えようとしたけどダメ。「だから、コンセントだって!こうやって挿す所はどこ~??」大げさにコンセントに挿すマネをしたところ「OH~!!! SA~MURA~I!!!」い、いや侍じゃなくって・・刀じゃないし・・・。結局通じずじまい。思わず思い出してしましました(^_^;)

とても勉強になりました。また来させて頂きます!

No title

bilby さん、ありがとうございます!
ご自身の失敗談をユーモアたっぷりにお伝えくださって、ありがとうございます。おかけでかなり笑わせてもらいました。(失礼!)
これからもどうかよろしくお願いいたします。

No title

こんにちは。

ブログにコメント、ありがとうございました。
「小さな箱」は買ってはあるのですが、少し読んだだけで、そのままになってしまいました。
今度じっくり読んでみます。

コンセントの起源

日本語のコンセントの元になったとされている concentric plug ですが、σ(^_^)のつたない記憶によれば元々れっきとした英語ではなかったかと思います。もう出所すら忘れてしまいましたので、話半分で聞いてください。(^^;;; つまり、

1.元々はれっきとした英語
2.今では死語となり、ネイティブすらその存在を知る者は少ない
3.しかし日本語にはその名残が残った

これがホントだとすると、「コンセント」は完全な和製英語ともいえず、英語を起源とする和製英語ということになるかと思います。

No title

ティッキーさん、コメントありがとうございます!
concentric plug はもともとはれっきとした英語だったかもしれないのですね。ちゃんと追究すると面白そうですね。有益情報、感謝致します!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/166-2c2c0f76