スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

policemen 

 「警察官」を英語で言うと何でしょうか。

 cop のようなくだけた言い方もありますし、婦人警官にも配慮した police officer のような言い方ももちろんありますが、ここでは伝統的?に policeman とさせてください。

 では、 policeman を複数形にしてみてください。もちろん policemen ですね。

 では、 policemen を発音してみて下さい。

 正しく発音できたかどうか、ココで確認してみて下さい。 赤い発音マークをクリックすると、音声が流れます。

 予想と違っていたという人もかなりいるんじゃないかと思います。実は、policemen と policeman は同じ発音なんですよ。

 police に man や men がついただけなんだから、 man や men と同じ発音になったってよさそうなものですが、そうはなっていないのですね。

 これはなぜでしょう。

 man と men は音節が1つしかありませんから、man の a とmen の e はともに強く発音されます。

 ところが、policeman とか policemen とかの場合には police の i のところにアクセントが来るために、man とか men とかいう部分にはアクセントが来ないのです。アクセントが来ないと母音は曖昧化し、口をいい加減に開けて「ア」と発音する、『ちょっと暗めの「ア」』と説明されることの多い、あの「ア」の音になってしまうということが多いです。

 アクセントがあるかないかで発音はかなり影響されるんですね。

 そう考えると難しそうに思えるかもしれませんが、アクセントがある時にはしっかりした発音が、アクセントがない時には曖昧な発音がなされるというのは合理的だと思いませんか?

 きちんとしたアクセントの置かれる man の a はよく『「ア」と「エ」の中間音』と呼ばれるあの音ですので、policeman の「ア」とman の a もちょっと違うということになります。

 ということで、man についてもココで確認してみましょう。

 さて、 policemen に関するさらなる話はメルマガ版「澄みわたる英語」 でそのうち扱わせてください。無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ 知識が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さい。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

ありがとうございます

こんにちは

 色々お気を使わせて申し訳ございません。

 TOEICに対する考え方が不純ですよね。

 考え方が甘いと思います。

 情報を色々ありがとうございます。

 私なりにがんばっていこうと思います。

No title

amebaka さん
人によってスタンスが違うわけですから、「不純」だとかといって自己卑下しない方がいいんじゃないでしょうか。昇進のために勉強するというのは、私にはできないことですが、それが強い動機となって勉強ができるというのであれば、それはそれで立派なことなんじゃないでしょうか。

No title

非常に澄み渡る解説ありがとうございます♪
この曖昧な母音がちゃんと出せると、英語の音になる!と言われて、
奥歯に飴を挟んで練習させられたことを思い出しました。記憶はひたすら、右の飴が美味しかった♪の残念なやつですが、音声付きの辞書は本当にありがたいものですね!
英語ネイティブの人も、新しい単語に出会って興味がわくと、音声付の辞書をつかってブツブツ練習する人は多いですから、私たちは、なおのこと練習せねば、と思う今日この頃です。

No title

うろこさん、「奥歯に飴を挟んで練習」って本当ですか?そんなことをしていない私の発音はまだまだジャパニーズイングリッシュのままです。(悲)
曖昧母音なので、元は「ア」でも「イ」でも「ウ」でも「エ」でも「オ」でもいいのだろうから、かなり雑に考えていました。(カタカナでの説明は不適切だと思いますが、まあお許しください)
発音記号は同じでも、各母音の雰囲気は微妙に残っているという指摘もあるようですが、どうなんでしょうか。「オンタノ」でこのあたりの話題をいつか扱ってくれると嬉しいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/162-60ea037a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。