figure 

 多義語というのもいろいろありますが、皆さんは一番いやらしい多義語ってなんだと思いますか。

 実際いろいろとあると思うのですが、私の中の一番は figure です。今回はこれを征服することを考えてみましょう。

 figure からまず頭に浮かべてもらいたいのが「フィギアスケート」です。

 スピードスケートと違って「フィギアスケート」は姿や形の美しさを競うものですね。

 というわけで、まず頭に入れて欲しい意味は「姿・形」です。

 この「姿・形」を人間に当てはめると、「体型」とか「スタイル」という意味で取れるというのは理解できますね。「ずんぐりむっくりしたスタイル」だとか「スラッと伸びたスタイル」だとかいうのは、まさに人間の「姿・形」ですね。

 この「人間の姿・形」というのは「人影」というところにもつながります。「がっしりとした大柄の男の人影を見た」なんてことがありますが、こうした「人影」というのはまさに「人間の姿・形」のことですよね。

 そして、こんな「人影」の延長線上に、「人物」の意味も出てきます。例えば political figure というと「政治家」のことです。

 すでにいろんな意味が出てきましたが、まだまだいろんな意味があります。

 今度は「人物」とは別の方向に展開してみましょう。

 「姿・形」というと、「三角形」とか「円」とかといった「図形」のことを指すこともできそうですね。

 「図形」を表すのであれば、図解した時の「図」を表すこともできるようになることは想像がつくでしょう。

 そしてこうした「図」は「挿絵」のこともありますから、「挿絵」の意味も持ちうるわけです。

 また、数を抽象的な記号で表したものが「数字」です。この発展はちょっとわかりにくいという人は、「図形」は数学に関わることだから、「数字」の意味も出てきたと考えて下さい。

 数字を3つ並べると three figures と考えることができますが、これは別の見方では3けたの数だということになりますね。このように figure は「けた」の意味にもなりえます。

 そして「数字」の意味があるとすれば、「計算」の意味が出てきてもおかしくないですね。

 「計算」の意味があるとすれば、「計算する」という動詞の意味が出てきてもいいでしょうし、「計算する」という意味から「考える」とか「思う」という意味が出てきてもいいですよね。

 「姿・形」という原点から動詞の意味を考えれば、「絵にして表す」という意味も出てきても不思議ではないでしょう。

 「はっきりとした姿・形を取る」という意味も出てくると考えると、「目立つ」とか「異彩を放つ」という意味になるのも理解できるはずです。

 というわけで、figure というのはとんでもなく大変な多義語だということになるわけです。

 大学入試レベルの意味でこの figure をもう一度整理してみましょう。

 「姿・形」→「体型」「スタイル」→「人影」→「人物」という流れがまず1つの流れです。

 また、「姿・形」→「図形」→「数字」→「計算する」→「思う」というのがもう一つの流れです。

 この2つの流れで、figure を何とかおさえてみて下さい。

 さて、figure に関するさらなる話はメルマガ版「澄みわたる英語」 でそのうち扱わせてください。無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ 知識が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さい。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


関連記事

コメント

フィギュアスケート

どうも、ティッキーです。(^^)
ちなみに、フィギュアスケートのfigureとは「図形」のことみたいですよ。もともとは、銀盤の上にいかに綺麗に図形を描くかを競ったことからこの競技が始まったそうな。
テレビであのかつてのプロスケーター佐野稔さんがおっしゃってましたので間違いないと思います…参考までに。

No title

まさに figure out が必要な単語ですね。実生活でも、どのパターンもしょっちゅう使われる大活躍単語ですから、こうやって澄み渡ることが出来るとスッキリしますね!ありがとうございまーっす☆連続一位バンザイ♪

No title

ティッキーさん、ありがとうございます!
フィギュアスケートのfigureの正しい起源を教えて下さってありがとうございます!
勉強になります。ありがとうございました!

No title

うろこさん、いつもありがとうございます!
figure は本当に使い方がひろいですよね。

No title

Dictionary.comを見たら名詞だけで22個も載っていてゲンナリです。"11. a representation, pictorial or sculptured, esp. of the human form" とあるので、秋葉原でよく売っている「フィギュア」も和製英語ではないみたいですね。

http://dictionary.reference.com/search?q=figure&r=66

No title

けんさん、すばらしいリンクをはって下さってありがとうございます!
あらためてみましても、げんなりですね。

No title

figureって、そんなにたくさん意味があったんですか!
派生しまくりで、分からなくなってしまわないのかしら‥。

アキバ文化を知らない人に「フィギュア職人」ってな~んだ!
って聞いたら、いろんな回答が返ってきそうですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/158-fd70ec04