スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

retrieve 

 「ゴールデンレトリバー」って犬はおわかりになりますか。こんなこんな感じの犬です。

 ではこの犬はどうして「ゴールデンレトリバー」というのでしょうか。

 まず体の色が金色っぽいというところから「ゴールデン」(golden)と呼ばれているのは理解できますよね。

 そうするとポイントは「レトリバー」(retriever)ですが、こちらはちょっとわかりにくいかもしれません。

 この犬はもともとはハンターが連れていた犬でした。ハンターが空を飛んでいる鳥を狙い撃ちすると、撃ち落とされた鳥のもとにすばやく向かってハンターのもとにその鳥をくわえて戻ってくる役目を果たしていたのです。

 つまり撃ち落とした鳥の「回収屋」を担当していたわけですが、この「回収屋」という意味が「レトリバー」(retriever)の意味です。

 ハンターが鳥を撃ち落として、ゴールデンレトリバーが回収に走っていく光景を頭に浮かべてみて下さい。

 こんなことを知っていると、retrieve が「回収する」という意味だということが難なく頭に入りませんか。

 さて、retrieve に関するさらなる話はメルマガ版「澄みわたる英語」 でそのうち扱わせてください。無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ 知識が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さい。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

No title

なるほど‥もともとは、仕事の名前だったんですね!
犬の名前の由来を意識したことはなかったのですが、
このようなお話を聞くと、他の犬のことも気になってきました。
今度調べてみたいと思います。

ちょうど

ちょうど先週の木曜にレトリーバー事件というのが起こりました。会社で。ゴールデンじゃなくて、ラブラドールでした。

午前中から黒&茶ラブの2匹が迷い込んできて、最初はトラックの運ちゃんの連れかと思ったのですが(こちらでは犬連れで運転してる長距離ドライバーの人がたまにいます)、そうではなく、「一体、どこの子??」という話に。でも、ひとなつっこく、いろんな従業員がかわりがわり遊んであげて、犬自体は非常にハッピーそうでしたv-238

で、一匹は首輪に電話番号が書いてあったので、電話してみると「今の用事が終わったらすぐ行きます」とのこと。結局飼い主さんは夕方5時に現れ、1日無料犬デイケアをしていたということになります。お住まいは会社から5マイルくらい北らしいので、この2匹は冒険しながら8キロも歩いてきたんですが、交通量の多い道路でひかれなくて良かった。

No title

ぱすたさん、いつもありがとうございます!
犬の名前は実際面白いものと結びついていることが多いです。
そのうち、また別の犬の名前を取り上げてみますね。

No title

Penguin さん、コメントありがとう!
レトリバー事件、面白かったです。
8キロとは恐れ入ります。どのくらいの時間をかけてきたのか、訊いてみたいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/140-27f8cbaf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。