jewelry 

 jewelry

 jewel と jewelry はともに「宝石」を表す表現ですが、使い方の違いは理解していますか。

 jewel は1個1個の宝石を数えられるものとして意識するのに対して、jewelry は「宝石類」あるいは「宝飾品類」という抽象的な概念です。

 ですから、ダイヤモンド1個を指していう場合には a jewel ということになりますが、ネックレスとか指輪などは a necklace とか a ring ということはできても、もはや a jewel ということはできません。

 こうしたネックレスとか指輪などを総合的に扱った抽象概念が jewelry ということになります。

 抽象概念というよりも分類概念だと考えた方がとわかりやすいかもしれません。

 水や油を「液体」と分類するのと同じ感じで、ネックレスや指輪などを「宝飾品」として分類する分類概念が jewelry だ考えて下さい。

 そうしたことを意識すると、宝石店のことを jewel shop とか jewel store というよりも jewelry shop とか jewelry store という方が普通だということも理解しやすいのではないでしょうか。

 さて、 jewelry に関するさらなる話はメルマガ版「澄みわたる英語」 でそのうち扱わせてください。無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ 知識が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さい。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/133-9cbb2f6c