スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hospital 

 hospital

 「病院に行く」というのは、英語ではどう言えばよいでしょうか。

 go to the hospital (go to a hospital) なんかが頭に浮かんだ人も多いのではないかと思います。

 ところがこれは単純に「病院に行く」という意味の場合にはやめた方がいい表現です。

 日本語では「病院」という言葉は広い意味を持ちがちで、総合病院から町医者まで含めて表現することができますね。

 ところが英語の hospital というのは入院設備の整ったところでないと使わず、入院設備のない clinic とは明白に区別しています。ですから go to the hospital といえば、入院設備の完備した大型の病院に行ったことが当然連想されるわけです。

 それだけではありません。hospital といえば入院設備があることが前提とされているために、「入院」とつなげて発想されるのが普通なのです。

 ですから go to the hospital と言うと、一般には「入院する」というニュアンスを含んでいると取られてしまうわけです。

 日本語でも例えば「床屋に行った」と言えば散髪してもらったことが前提とされるように、入院設備があることが真っ先に浮かんでしまうhospital という単語を使って「 hospital に行った」と言えば、「入院した」ことが前提とされてしまうのが普通なんだといえばわかってもらえるでしょうか。

 入院の話は関係なく単に診察や検査をしてもらうということであれば、see the doctor (see a doctor) といえば十分ですよね。

 see the doctor で十分意味が伝わるところで go to the hospital をわざわざ使うとすれば、やはりそれは入院するというニュアンスを含ませたものだと受け取られがちだといえそうです。

 hospital に関するさらなる話はメルマガ版「澄みわたる英語」 でそのうち扱わせてください。無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

  以下のバナーをクリックすると、登録画面に飛びます。

    メルマガ大賞

 少しは知識が増えましたでしょうか。

※ 知識が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さい。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/115-25a353e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。