スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

watch 

 watch

 watch というと「動きを見る」と簡単に説明されていることが多いですが、動き自体を見ることに加えて、動きがないかと探って見ることにも使っていることが多いというところには注意を向けておきたいところです。

 watch out で「気をつける」という意味で使ったりするのはよく知られていますね。

 実は watch はもとは wake から分かれてきた言葉で、watch の t は後から挿入されたのだそうです。そして c は k と同じ発音をすることもあることはよく知られていますよね。そんなことに気をつけて綴りをよ~く見ると、watch と wake はかなり似ている感じがしてくるんじゃないでしょうか。

 実は「起きている」から「起きていて見張りをする」ことに意味が転じたのだそうです。

 今でも名詞の意味に「寝ずの番」という意味が残っていますが、これはこうした watch の歴史を教えてくれるものでしょう。

 というわけで、watch の意味を単純に「動きを見る」だけで考えるよりも、「どんなふうにものごとが動いていくのか見守る」といった感じで捉えた方がいいような気がします。

 時には watch は「(機会などを)じっと待ち受ける」という意味でも用いるのですが、これも「どんなふうにものごとが動いていくのか見守る」をベースにすると理解しやすいのではないかと思います。

 さて、watch に関するさらなる話はメルマガ版「澄みわたる英語」 で扱わせてください。無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

  以下のバナーをクリックすると、登録画面に飛びます。

    メルマガ大賞

 少しは知識が増えましたでしょうか。

※ 知識が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さい。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

No title

ブログ巡り中に立ち寄りました。
応援ポチッ!

Wake to Watch

It's really interesting that "Watch" came from "Wake." I have never thought of it that way, though your explanations kind of make sense.

よく考えてみるとwakeもwatchもvirgilと言う意味を含んでいますしね。

新しいことを習いました。 ありがとうございます~!

No title

 Hiro さん、コメントありがとうございます!

 ただ、Hiro さんのコメントの一番肝心な部分である virgil の意味はよくわかりません。(涙)

 どなたか教えてくださ~い!!

Watch と Wake

はじめまして

祭日の前夜に、ずっと起きて(wake)、見張ってた(watch)人がvigilですね。

語源ってほんとにおもしろいですね。これからも楽しみにしています。

No title

翻訳者魂さん、ありがとうございます!

おかげさまで vigil の理解できました。助かりました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://irleigo.blog105.fc2.com/tb.php/110-58c4bab2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。