FC2ブログ

月別アーカイブ

 2018年10月 

on the house 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
on the house

 on というと原義は「接触」ですが、そこから転じて負担を掛ける先を表すこともあります。The joke was on me. だと「その冗談は私に対する当てこすりだった」という感じですし、Don't put the blame on others. だと「非難を他人になすりつけるな」→「ひとのせいにするな」という感じですし、Lunch is on me. だと「ランチは私の負担でだ」→「ランチは私のおごりだよ」という感じです。

 houseというと「家」が浮かびますが、opera houseのように「家」でなくても人を収容できる建物であればhouseを使うことがあります。つまり、劇場とか宿舎とか修道院のようなところでもhouseを使うことができます。そういえばHouse of Representativesと言えば「代表者のhouse」→(国会の)「下院」というのも覚えておきたいですね。お酒や食事を楽しむために人々を収容できるところ、つまりレストランとかバーの類もhouseで表すことができます。

 さて、こうした onとhouse の組み合わせから on the house というイディオムの意味は想像つくでしょうか。This drink is on the house. のような使い方をする時の on the house です。この文は直訳すれば「このドリンクはthe houseの負担です」ですが、それが「このドリンクはお店のおごりです」という感じです。つまり、この場合のhouseはレストランとかバーのイメージだということになります。もちろん、ホテルに宿泊した際に This drink is on the house. と言われたならば、「このドリンクはホテルのおごりです」ということになります。

 on the house という使い方を通じて、on と house のイメージを広げてもらえたらと思います。

 面白かったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!