月別アーカイブ

 2014年12月 

Carolina Reaper 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
Carolina Reaper

世界一辛い唐辛子って、何という名前かわかりますか。「そんなの知っているよ。ハバネロだろ。」って答えてくれる方も多いのではないかと思います。実は私もつい先日まではそう思っていました。

 ところが最新の唐辛子の辛さランキングではハバネロは何と4位に後退しています。現在の第一位はキャロライナ・リーパーという品種だそうです。ハバネロの辛さが概ね25万〜45万スコヴィルであるのに対して、キャロライナ・リーパーは160万スコヴィルだということで、あのハバネロの5倍ほどの辛さがあるのだそうです。種ごと直接食べると過呼吸で死亡する可能性まであるそうです。ここまで来ると、もはや食べ物なのかという気さえしますね。

 ところでこのキャロライナ・リーパーですが、英語ではどう綴るのでしょうか。実は Carolina Reaper と綴ります。Carolina となっているのはアメリカのサウスキャロライナ州のある会社で開発された育種だからですが、Reaper とは一体どういう意味でしょうか。

 reaper の元となった reap は「収穫する」ですが、この単語には鎌を手に持って刈り取るイメージが伴うこともあります。日本語の「刈る」に近いイメージでしょうか。ですので、reaper というと「手に鎌を持って刈り取る人」もイメージできるわけです。そしてそういう イメージの中で、よくアニメとかゲームとかに出てくるこんな死神も reaper として捉えられるわけです。(正確には Grim Reaper といいます。)



 この鎌を振り下ろすことで魂を刈り取るイメージがあるようです。

 つまり、キャロライナ・リーパーというのは、「キャロライナの死神」のようなイメージから付けられたものなのだということがわかりますね。直接食べると過呼吸で死亡する可能性まである辛さなら、確かに死神のイメージでもオーバーとはいえないでしょう。

 なお、 飛び跳ねるわけではないので leap ではなく reap だという点に気をつけてください。

 世界一辛い唐辛子の名前は覚えられたでしょうか。そしてその名前の由来も覚えられたでしょうか。そうであれば、reap や reaper のイメージも併せて膨らませることができたのではないかと思います。

 面白かったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!