スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

open a can of worms 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
open a can of worms

 open a can of worms という表現はご存知でしょうか。「収拾できない厄介な問題を引き起こす」のような意味で使う表現です。open(開ける)を使っているところに着目すれば、「パンドラの箱を開ける」と考えた方がわかりやすいかもしれませんね。ところで、これはどうしてこんな意味になっているのでしょうか。

 a can of worms は直訳すれば「虫の缶」とか「缶に入った虫」というような意味になるわけですが、この「虫の缶」というのは釣り餌としての worm がたくさん入っている缶をイメージしているものです。この場合の worm は「芋虫」より「ミミズ」を一般にイメージするようです。ですので、open a can of worms と言った場合のイメージとは、かなりグロテスクですが、以下の画像のようなイメージです。



 ミミズが缶の中から次々と這い出して四方八方に散ってしまい、収拾がつかなくなるイメージだといえばわかりやすいでしょうか。グロテスクなこんなイメージを植え付けて open a can of worms を理解しようとすると、忘れなくなるかもしれません。なお、時には up をくっつけて open up a can of worms という場合もあります。

 面白かったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。