rain check 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング
rain check
 ホテルなどの「手荷物の一時預かり所」のことを何というでしょうか。日本のホテルではよく cloak と書かれていることが多いので、cloak ではないのかと思われた方も多いと思いますが、実は cloak は全身を覆うタイプの「マント」の意味でして、「手荷物の一時預かり所」ではありません。cloak はもともと「釣り鐘」の意味から分かれてきた語で、マントを身につけた時の見てくれが釣り鐘のように見えたことからこう呼ばれるようになったものだそうです。もともと柱時計を表した clock も同じ語源に属する語でして、確かに柱時計も釣り鐘っぽいと言われたら、そんな気もしないでしょうか?「clock → 釣り鐘 → cloak → マント」のような連想で頭に入れてもらえたらと思います。
 (cloak の画像をチェック)

 では実際には「手荷物の一時預かり所」のことは英語で何と言うのでしょうか。 cloakroom とか checkroom などと言ったりします。cloakroom というのは「マントなどを預けるところ」ということなんだろうと思います。この cloakroom の省略が、日本のホテルの cloak になったのではないかと思います。(ちなみに、cloakroom はホテルなどのトイレを指すこともあります。「覆い隠される場所」のイメージでしょうか。)

 この「手荷物の一時預かり所」で渡される預かり証のことを check といいます。この預かり証によって預けた荷物がチェックできるということからでしょう。

 では、ここから考えて、rain check とはどういうものであるか、わかるでしょうか。スポーツ観戦に出かけたら、あいにくの雨で順延となった時のことを考えてみるとわかるかもしれません。次に観戦する場合の引換証のようなものです。「雨天順延券」とでも言えばよいのかなと思います。

 ところで、この rain check の応用として、以下のような面白い対話を見つけました。意味はわかるでしょうか。

 God: "Do you want to die now and come to live with me in Heaven?"
 Man: "No thank you, but I'll take a rain check!"

 神様 「今死んで天国で一緒に暮らさないか」
 男  「いいえ、結構。またの機会にさせてもらいます。」

 このように、「今度またお願いします」という感じで、今の誘いを断る言い方としても rain check は使えるわけです。

 更に、セールに出かけたら目当ての特売品が売り切れていた時に、後日同じ条件で購入できる予約券のことを rain check と言う場合もあります。

 rain check はなかなか応用範囲の広い表現ですね。

 役に立ったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

○○してから××する 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング
○○してから××する

 「それは加熱してからお食べ下さい」を英語にしてみることを考えてみましょう。

 「加熱した後でそれをお食べ下さい」と考えればよいから、"Please eat it after heating." でよいのではないかと思った人がかなり多いのではないかと思います。ところがこれには少し問題があります。

 "do A after B" というのはもちろん「Bの後でAする」という意味になりますが、この場合意味の力点は "do A" にあるのでしょうか、それとも "after B" にあるのでしょうか。冷静に考えてみて下さい。

 落ち着いて考えてみれば、"do A" の方にあるんじゃないかということに気付くのではないかと思います。そうすると、”Please eat it after heating.” という英文だと、意味の中心は ”Please eat it”(それを食べて下さい)にあり、”after heating”(加熱した後で)は補足的な情報ということになります。ところが日本語で表現したい内容は「食べる際には加熱しないとだめだよ」という感じで、むしろ「加熱する」の方に力点を置きたいのではないでしょうか。

 こうすると、”Please eat it after heating.” よりも ”Please heat it before eating."(食べる前にそれを加熱して下さい)の方が適切だということがわかりますね。

 英作を行うときは、中心として伝えたい内容がどこにあるのか、その部分を浮き上がらせるにはどのような表現が適切なのかを考えるべきだということが、この例からもわかりますね。

 役に立ったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆