スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

regard 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

regard

私が大学生の時に、友達がガードマンのバイトを始めたのですが、この彼からびっくりする話を聞かされたことがあります。彼が正式に働き始める前に警備会社の研修を受けたところ、「ヤバい奴が来たら、体を張って守るなんて考えず、逃げろ」と指導されたそうです。「そんなことでいいのか!」って思ってしまう話ですが、guard の語源からすると、案外これでよいのかもしれません!?

といいますのは、「ガードマン」の guard というのは「見る」ということを語源とする言葉で、「守る」ということを語源とする言葉ではないからです。ひょっとしたら、「見ている奴がいる」という心理的な効果から犯罪に抑えがきけばよいということしか期待されていないのかもしれません。とすれば、彼が警備会社の研修で「体を張って守らなくていい」と指導されたのは、「当然」だったのでしょうか。(笑)

さて、regard という単語がありますが、この regard の gard は、今やった guard と語源が同じです。re は意味の強めで、 rejoice (re + joy ⇨ 強く喜ぶ ⇨ 歓喜する)と同じような使い方です。つまり、regard は re + guard ⇨ しっかり見る という感じの意味が根っこにあるわけです。She regarded him with awe. といえば、「彼女は彼を畏敬の目で見つめた」のような感じだと捉えればよいです。

名詞で regard を用いる場合も同様で、「しっかり見ること」をベースにして考えればよいと思います。例えば、regard for the rights of others といえば、「他の人の権利に対して (for the rights of others) しっかりと見ること(regard)」→「他の人の権利の尊重」のように考えればよいわけです。

regard for the safety ならば「安全に対して (for the safety) しっかりと見ること(regard)」→「安全性に対する配慮」と考えればよいですね。では without regard for the safety of the workers はどういう意味でしょうか。「労働者の安全に対する配慮を欠いて」のように考えればよいですね。

では in this regard という表現はどう考えれば良いでしょうか。「このように見ること(this regard)においては(in)」→「この視点においては」→「この点で」のように考えればよいですね。

regard に対して「点」「配慮」「尊重」「みなす」などの意味をバラバラにとらえる必要はなく、「しっかり見ること」という基本を押さえて、そこから使われる雰囲気をつかむようにすれば、概ねの意味はわかるのではないかと思うのです。

ちなみに regard から分かれていった単語に reward という単語があります。たしかに綴りはよく似ていますね。「よく見ること」→「高く評価すること」→「報賞」のようなイメージで捉えると、この単語が regard から分かれていった単語だと言われても、そんなものかなと思えるのではないでしょうか。

なお、「ガードマン」は和製英語で、英語では guard だけでもその意味になるということを、最後に念のために付け加えておきます。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

baby 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

baby

He went on vacation and I was left holding the baby. ってどういう意味か、わかりますか。

baby はもちろん「赤ちゃん」ですが、ここからいろんなイメージが広がります。

直訳すれば、「彼は休暇旅行に出かけ、私はその赤ちゃんを抱えたままにされた」ということになりますが、聞き分けのない赤ちゃんをだっこしてあやすのは、なかなかしんどいですね。そこで hold the baby で「やっかいな任務(責任)を負う」のような意味にもなるわけです。赤ちゃんを「やっかいなこと」「負わなくてはならない責任」のような意味で使うのは、日本人としては抵抗のある表現かもしれませんが、英語ではそういう言い方もあると思ってください。ただし、アメリカでは hold the baby よりも hold the bag のような言い方の方が普通のようです。というわけで、問題の英文は「彼は休暇旅行に出かけ、やっかいな役目は私に押し付けられた」という意味になります。

弱虫で泣き言を言っていると、「いい大人がそんな赤ん坊みたいなことを言うな」みたないな言い方をされることは、日本語でもありますね。これと似たイメージで Don’t be such a big baby! というような表現が、英語にもあります。

もちろん、baby がネガティブにばかり使われるわけではなく、「大切な人」とか「大切なもの」の意味でも使います。throw the baby out with the bathwater なんて表現もあります。直訳的には「風呂のお湯と一緒に赤ちゃんを流してしまう」のような感じだというのはわかるかと思います。これが「何かを改善しようとして、大切なものをかえってダメにしてしまう」という意味で使われるのです。

「小さい」というイメージも、当然よく使います。例えば、小型のトウモロコシのことを "baby sweetcorn"、小型のグランドピアノを "a baby grand piano" のように表現することがあります。

baby 一つとっても、いろんなイメージがあるものですね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。