スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

First come, first served. 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


First come, first served.

First come, first served. というのはどういう意味でしょうか。「早い者勝ち」とか「先んずれば人を制す」という意味だと一般に解釈されていますが、果たして本当にこれでよいのでしょうか。

Wikipedia でこのことわざの意味を調べてみましたら、以下のような解説が出ていました。

First-come, first-served (FCFS) – sometimes first-in, first-served and first-come, first choice – is a service policy whereby the requests of customers or clients are attended to in the order that they arrived, without other biases or preferences.  (First-come, first-served は時に"first-in, first-served" や "first-come, first choice" のように使うこともあるが、偏見とかえこひいきに寄らずに、お客さんのやってきた順番で各人の要求に対処するというサービスの提供方針のことである。)

 要するに、「えこひいきなどは一切なしで、受付順で公平に対応しますよ」ということを表したものだと考えればよいようです。

こうしてみると、「早い者勝ち」とか「先んずれば人を制す」とは随分違った意味合いであることがわかりますね。

単語が並んでいる雰囲気から、日本語のことわざで近そうなものを探して、深く考えないで結びつけると間違うことがあるわけです。こういうところは気をつけたいです。

※ 勉強になったと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

win と beat 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


win と beat

日本語で「勝つ」に相当する英語を挙げるとすると、win と beat が浮かびやすいと思いますが、両者の区別はつけられるでしょうか。

「先の選挙で労働党は保守党に易々と勝利した」という日本語に対応するように、以下の英文で (   ) の選択肢を選ぶとしたら、どちらの方がよいか、考えてみて下さい。

Labour easily (won, beat) the Conservatives in the last election.

これは beat が正解です。

beat はもちろんもともと「打つ」がベースにある言葉であり、「~を打つ」→「~を打ち負かす」という発想で考えればよいです。「労働党が保守党を打ち負かした」わけですから、beat だとしっくりくるわけです。

これに対して win の場合には、 win the Nobel Prize(ノーベル賞を受賞する)のような使い方をしますよね。win の目的語に来るのは「争う場」とか「争う対象」であって、「争う相手」ではないということになります。

ちなみに、語源をたどってみますと、win とwish はつながりがあった可能性が高いようです。wish は「~を手に入れたいと奮闘する」→「~を望む」と発展してきた言葉です。

win を「~を手に入れようと奮闘し、それを手にする」という感じで捉えることもできそうで、こうしてみると確かに wish とつながっているといえそうです。

そんな小理屈をこねていると、win と beat の違いがよく見えてくるんじゃないかと思います。

※ 勉強になったと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

approve と approve of 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


approve と approve of

approve の意味を英和辞書で調べると、他動詞の意味としては「~をよいと認める」「~に賛成する」というのが出てきます。また自動詞の意味としては「~に賛成する」「~を満足に思う」というのが出てきます。

他動詞の方が approve ~ という使い方で、自動詞の方が approve of ~ という使い方になるわけですが、この和訳の違いで両者の違いはイメージできるでしょうか。

こういう紛らわしい意味の場合に英英辞典を引いてみると、違いに気がつくことがあります。

Longman のオンライン版の英英辞典を引いてみると、以下のように分けられていました。

(他動詞系の意味)
to officially accept a plan, proposal etc
(計画・提案などを公的に受け入れること)

(自動詞系の意味)
to think that someone or something is good, right, or suitable
(誰かまたは何かがよいとか正しいとか適していると考えること)

「法案を可決する」といった場合には「公的に受け入れること」になりますから、他動詞系で approve ~ になり、「このやり方に賛同する」といった場合には「正しいものだと思っている」というような意味ですから、自動詞系で approve of ~ になると考えればよいようです。

微妙なニュアンスに迷う場合には、英英辞典を引いてみると発見があるかもしれません。

※ 勉強になったと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。