スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

bogus 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


 ゴルフで「ボギー」というと、現在では規定打数よりも1打多く打つことですね。ところが昔は規定打数通り打つことを「ボギー」と言っていたそうです。

 「ボギー」は英語では bogey ですが、これは昔は「鬼」とか「お化け」のような意味でした。ゴルフの道具もテクニックも現在ほど進化していなかった時代には、規定打数通りで打つということは至難の業だったようで、そんな偉業を達成したということで「お化けみたいだ」という感じで bogey と言っていたようです。

 やがてボギーで回ることはそんなに難しくなくなったせいか、ボギーよりも1打少ない打数を規定打数とするようになり、これを par というようになったようです。この結果、bogey は par よりも1打多い状態を表す言い方に変わってしまったというわけです。

 「ニセの」とか「不正の」の意味で使う bogus もこの bogey と関係しているようです。昔は「ニセガネ製造器」のような意味だったそうですが、確かにニセガネはある意味でお化けのようなものですし、ニセガネ作りというのは鬼の所行だと考えることも出来ますね。

 bogus は bogey →「鬼」「お化け」→「ニセガネ製造器」→「ニセの」「不正の」という流れで理解してみて下さい。この時に bogey が「鬼」とか「お化け」の意味であったことを押さえておくと、bogey と bogus のつながりが意識できて、理解はぐんとしやすくなるというわけです。


 さて、メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ イメージが沸いたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スポンサーサイト

dubious 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


 音楽テープなどをコピーすることを dub といいますね。dub というより dubbing と言った方がピンと来るかもしれません。ところでこの dub は double が縮まった語です。

 さて、「疑わしい」という意味で使う dubious というのがありますが、これも dub と少しは関係します。「疑わしい」という場合、「本当かな、それとも嘘かな?」と2つの矛盾する考えが去来しますが、それがこの語の起源となっているわけです。

 dubious には「あいまいな」という意味もありますが、これも「どちらともとれる」という二面性に着目しているんだといえば、語源とのつながりですっきりするでしょうか。

 ちなに、dub には「ダビング」の意味もありますが、「吹き替えする」とか「アフレコする」という意味もあります。こちらも「もとのものをベースに1つ加える」感じで理解することができると思いますが、このように考えるとやはり double につながる意識があることがわかりますね。

 さて、メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ イメージが沸いたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

custom, habit 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


 costume というと、どんな感じが浮かびますか。特定の民族とか特定の時代とか特定の状況にぴったりあった服装のことだという感じはするでしょうか。

 例えば女子大生が卒業式の時に袴姿になったりしますが、あれなんかもひとつの costume だと思えばよいかと思います。卒業式になると女子大生が必ず着るというものだとはいえませんが、ああした服を着るのは、社会の中に広くある慣習のようなものだということはできますね。

 実はこの costume と大変深い関係にある単語が custom です。custom という語には「そういう場合には人はみんなやるもんだ」的な感じがあります。人がやることを前提としており、文化的な香りもちょっとします。(笑)

 まあ、文化的な香りはともかくとして、「そういう場合には人はみんなやるもんだ」的な感じは、costume にも custom にもともに共通するなという意識は持っていていいんじゃないかと思います。

 custom と habit の区別がつきにくいかもしれませんが、custom の方は上記に説明したような意味で社会的な慣習であり、habit の方は個人的な習慣だと思っておくと、一応の区別はできるのではないかと思います。

 ちなみに habit は have と関係が深く、個々人が身につけてしまった習慣のことを言っていると思って下さい。従って「癖」のようなものも habit の中には入ってきます。

 では、以下の選択肢をそれぞれ選んでみて下さい。
 1) local (custom, habit)
 2) traditional (custom, habit)
 3) Smoking is a bad (custom, habit), but you cannot force someone to change.

 1) は特定の地方でみんながやっていることだということでしょうから、custom の方が適当ですね。2) も伝統的に人はそうやるもんだということでしょうから、custom の方が適当ですね。3) は「タバコを吸うのはいけない習慣だけれど、強制的に変えさせることはできない」ということで、個人的に身につけてしまったことを扱っているので habit の方がよいですね。

 さて、メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ イメージが沸いたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング

 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

influenza 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


 「インフルエンザ」のことを英語では influenza と綴ります。この influenza って influence(影響)と似ていますね。両者に関係はあるのでしょうか。

 昔は天体から霊的なものが流れ出して、地上にいる人間に作用を及ぼしていると考えていました。influence というのは flow in (流れ込む)とつながりが深く、「天体から人体内に流れ込んできたもの」→「超自然的な作用」→「霊的な力の流入」→「影響」のような感じで意味が発展してきました。

 細かい流れは無視して、「流れ込む」→「影響」というイメージを持ってもらうだけでもよいんじゃないかと思います。

 influenza も元々は「天から流れ込んできたもの」という意味合いでして、influence と同一語だったといってもよいくらいの関係にあります。はやり病の仕組みがよくわからなかった時には、天から流れ出したものが体内に流れ込んでくるために、みんなが同じ病で発病するというように思ったのでしょう。ここから「流行病」の意味も influenza は持つようになりました。

 これが特定のインフルエンザの大流行によって、「流行病」の中でも特に「インフルエンザ」だけを意味するようになったというのが、実際のいきさつです。

 ところで influenza は略されて flu というのが普通です。「鳥インフルエンザ」なら bird flu といえばいいです。では poke flu とは何のことかわかりますか?ポケモンの映画を見に行きたいため、「インフルエンザにかかりました」と嘘をつくことです。(笑) pokemon flu ともいいます。

 より正確に言えば、本当は休む理由は「風邪を引いた」でも「お腹が痛い」でも何でもよいのですが、それを理由とした欠席がインフルエンザが流行したかのような広がりを持つことから flu と呼ばれているとお考え下さい。

 同様なものに blue flu というのもあります。警察官や消防士が病気を理由として、集団で休む抗議ストのことです。このように、何かの口実として多くの人が一斉に仮病を使うことにも、flu という単語を用いることが時々あるというのは、頭の片隅に入れておいてよいんじゃないかと思います。

 さて、メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

【お薦め本】 みとめの3原則(木戸一敏著) こう書房

 私は人の本の宣伝などは普段しない人ですが、この本は軽いノリで読めるのに、内容はすばらしいので、ぜひ紹介したくなりました。

 よく、人のいいところを見なさいとか、人を褒めなさいとか、ポジティブに考えなさいなんてことをいわれますが、やってみても無理をしている自分に嫌気がさしたりすることなんかもあって、なかなかそうはいかないのが実情だと思います。

 この本で著者の木戸さんは「褒めなくてもいい、まずはみとめることだ」と言います。それも「認める」までいかずとも「見止める」ところから始めればよいといっています。そして誰でも実践できるようなやり方をいくつも提案してくれます。

 そんな簡単なことで人間変わるのかと思いきや、それで変わっていけるということを、具体例を挙げながら示していってくれます。読後感は大変爽やかです。

 「人をみとめる」という作業を行っていくと、それは「自分をみとめる」というところにつながっていき、それこそが人生の幸福感の源といえるんじゃないか…そんなことを伝えようとしている本だと私は思いました。

 幸せになりたいと思っている方にはお薦めです。

 読んでみたい方、ココをクリックしてみてください。アマゾンのページに飛びます。

 なお、14日までの限定ですが、木戸さんはアマゾンキャンペーンも実施されています。詳しくはこちらをご覧ください。

※ イメージが沸いたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 人気ブログランキング


 イメージの沸きやすい語源単語集を作るというプロジェクトを始めることにしました。このプロジェクトのために、当面は語源整理ばかりにこのブログを活用することにします。話題が偏ることになりますが、ご了解下さい。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

        千葉県柏市末広町4-13 関口由蔵ビル4階

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。