FC2ブログ

月別アーカイブ

 2008年07月 

make one's way 

 make one's way という表現の意味はわかりますか。

 make は「作る」で捉えればよいですね。way はよく「道」と考えますが、「道」だと road などとの区別がわからなくなってしまう人もいるんじゃないでしょうか。根っこの意味合いとしては「進むべき道筋」という感じがあると思っておくと、頭が動きやすくなるのではないかと思います。

 そうするとmake one's way で、「人が進むべき道筋を作る」→「人が進むべき方向に進む」という感じの表現になりそうだということが一応わかると思います。

 ところで、この make one's way の make を別の動詞に置き換えることで、 make one's way の意味合いを広げるということを、英語ではやることができます。

 例えば、 push one's way というと「押し分けて進む」、work one's way というと「苦労して進む」、feel one's way というと「手探りで進む」、elbow one's way というと elbow が「肘」であることを意識すると想像がつくと思いますが、「肘で押し分けて進む」という感じです。

 その他にも、青虫なんかの話になりますが eat one's way (食べながら進む)なんてのもあります。

 smile one's way で「にこにこしながら世間を渡っていく」(笑)なんてのもあります。
 
 さて、 make one's way に関するさらなる話はメルマガ版「澄みわたる英語」 でそのうち扱わせてください。無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

※ 知識が増えたと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さい。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆