FC2ブログ

月別アーカイブ

 2007年11月 

acronym 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング
 

 acronym

 NATO って何の略かわかりますか。

 NATTO(納豆)の略ではありません。(オヤジだな・・)

 よく「北大西洋条約機構」といわれたりしますね。「北」が North , 「大西洋」が Atlantic , 「条約」が Treaty , 「機構」が Organization ですから、North Atlantic Treaty Organization が正解となります。

 さて、このように North Atlantic Treaty Organization の頭文字をとって NATO のように書くことを、acronym(アクロニム)といいます。

 acro は「頂上」のような意味です。アテネのパルテノン神殿があるあたりは山の一番上にあり、ここはアクロポリスと呼ばれています。

 百聞は一見に如かずなので、ぜひ ココ を一度ご覧下さい。

 ご覧いただくと、アクロポリスって感じがつかめたんじゃないかと思います。

 acronym の nym は mane(名前)のことです。「ニム」と「ネイム」ですから、いわれると「そんなもんかな」と思えるのではないでしょうか。

 従って、acronym というのは、「頭文字」ということになります。

 NATO is an acronym for North Atlantic Treaty Organization.(NATOは北大西洋条約機構の頭文字をとったものである)のような使い方をします。

 さて、メールがパソコン上を飛び交う日常となって、この acronym が大活躍しています。

 有名な acronym だと ASAP があります。as soon as possible です。

 ASAP の方が打つの早いですからね。メールにはもってこいなわけです。

 AAMOF だと as a matter of fact です。

 IMO と書いてあれば、たいていは in my opinion のことだと思えばいいでしょう。

 International Mathematical Olympiad(国際数学オリンピック)のことだとは、普通は思わないでしょう。(^^

 さて、この acronym の話ですが、もう少し詳しいところはメルマガ版「澄みわたる英語」 で扱わせて下さい。

 ちょっとは知識が増したでしょうか。

※ 知識が増したと思われましたら、下記の図柄をクリックして下さいね。


 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ  人気ブログランキング
 

 メルマガ版「澄みわたる英語」 にはもっと充実した内容が載っています。ぜひ、ご購読下さい。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した

 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆