スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

graduate 

 graduate

   
    今回は「彼はハーバード大学を卒業した」の英作を考えてみましょう。

 「ハーバード大学」は Harvard University 、「卒業する」は graduate ですから、

   He graduated Harvard University. としたくなるかもしれませんが、

         これはあまりよくない表現です。



       He graduated *from* Harvard University. のように

         from (時に at)をつけるのが標準英語です。



             「標準英語」と書いたのは、

     最近は from や at をつけないこともまあまああるようで、

   辞書でも「非標準」の扱いながら、認めるようになってきています。

            それでも一応ここでは

         He graduated from Harvard University. を

            正解としておきましょう。



     「そんなことなら知っているよ。graduate は自動詞だからでしょ」

                という声が

             私の耳に届いてきます。

             気のせいでしょうか。(笑)



 
            そういう人に尋ねたいのは、

    『ではどうして「卒業する」という動詞が自動詞なんですか?』

               ということです。


            「卒業する」という意味なら

           「どこを?」という疑問は当然で、

    目的語を取らないというのは、自然ではないと思いませんか?


             また、どういう意識から、

       from とか at という前置詞が選ばれたんでしょう。


            こうしたことを理解するには

       graduate のイメージを捉えて直しておくのが重要です。



       実は graduate という語は grade と関連の深い語です。

      言われてみれば、似ているなとは思ってもらえると思います。


      gradually (徐々に)という語も grade と関係の深い語ですが、

     一段一段階段を上るように変化していくということを表しています。


          色のグラデーションは gradation ですが、

          色が徐々に変化していく様子を考えれば、

     grade と関係の深い語であることはすぐに理解できるでしょう。


          degrade も同様に grade と関係の深い語で、

          de が「下に」とか「逆に」を表すので、

     「下にどんどん下がっていく」=「悪化する」を意味します。



       de のイメージがつきにくい人もいるかもしれませんが、


       regulation (規制)に対する deregulation (規制緩和)

        increase(増加する)に対する decrease (減少する)

            などが頭に入っていれば、


      de が「下に」とか「逆に」を表すのは理解できると思います。


              音楽の好きな人は

     クレッシェンド(だんだん強く)とデクレッシェンド(だんだん弱く)

         をイメージするとわかりやすいかもしれませんね。



           では defrost の意味はわかりますか?

                   ↓

                   ↓

           ちゃ~んと、自分の頭で考えてくださいね(笑)

                   ↓

                   ↓

          frost が「霜」とか「氷結」を表しますから、

                   ↓

                   ↓

             これに de がつくことから

                   ↓

                   ↓

         「解凍」がイメージできればOKです。



              少し脱線しましたが、

             graduate というのは、

            徐々に grade を上っていき、

     最終的に学位を取ることを意味の中心に置いている語なのです。

  (他動詞では「学位を取得させる」という意味で用いることもあります。)



        つまり、本来のイメージに即して和訳するとすれば、

              前置詞に from を使った

         He graduated from Harvard University. は

      「彼はハーバード大学*から*学位を取得した」という意味で、

              前置詞に at を使った

        He graduated at Harvard University. であれば

     「彼はハーバード大学*で*学位を取得した」という意味なのですが、

日本語で同じ内容を表現するなら

     「彼はハーバード大学を卒業した」というのが普通ですね。

    それで graduate =「卒業する」だと、和訳をあてているわけです。


        このあたりの事情がよくわかってくると、

       大学の学部生(通常の大学生)を undergraduate 、

           大学院生を graduate student 、

           大学院のことを graduate school

       といったりすることが理解しやすくなってきます。


               当然ながら、

           undergraduate というのは

     「大学の学位を取得する段階より下にいる」というイメージで、

           graduate student というのは

       「大学の学位を取得した学生」 というイメージで、

           graduate school というのは

     「大学の学位を取得した人たちの学校」というイメージです。


            上記の説明でわかるように、

      graduate は元々は大学の卒業にしか使われない語だったのですが、

    grade を上っていき、最終的に課程をすべて終了するというイメージで、

      大学以外でも卒業する意味合いで使うようになってきました。


            ただ、イギリスにおいては

   まだ、graduate は大学の卒業にしか使わないのが一般的なようですね。


  このように、論理とイメージを大切にしながら、IRLでは授業を行っています。


      ご質問/激励などはこちらへ   asaka@irl.co.jp

   ※ FC2 Blog Ranking参加中です。

応援、よろしくお願いいたします。


※ 人気blogランキングにも新たに参入いたしました。

   応援、よろしくお願いいたします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 メルマガ版「澄みわたる英語」
 文法ネタはメルマガ版だけとなります。編集後記+αもついてます!

 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した
 ブログ「ココロの引出し、アタマの引出し」
もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログ拍手

スポンサーサイト

dump 

 dump

 英語の単語は音のイメージとつながっていることが多いということを

           以前紹介しましたが、

 そんな例の中から、dump という語を取り上げてみることにします。

         dump といえば、dump truck

     日本語でいう、「ダンプカー」が頭に浮かびます。


     ダンプカーが積んでいる土砂などを降ろすとき、

  「ドドッ」といった擬音語で表したりすると思いますが、

  あれが英語では DUMP という語で表すのだと思ってください。


  ですから、He dumped his schoolbag on the floor. といえば、

    「彼は通学カバンを床にドーンと放り投げた」

          という感じになります。


        この通学カバンがものすご~く重くて、

普通に降ろすだけでも「ドーン」という響きがあったのかもしれませんが

         普通に音の様子をイメージすると、

   この子が通学カバンをあまり大切に扱っていないという感じが

           イメージできます。


            そしてここから、

     (ゴミなどを)投げ捨てするような意味にも使い、

          このイメージの延長線上に、

      海外市場などへの投げ売りの意味で用いる

         「ダンピング」が出てきます。


  ちなみに、dump だけで「ダンピングする」という意味になります。


     ところで、dumping ground って何だかわかりますか。


            「ゴミ捨て場」です。


        いわれてみると、納得しませんか?


    ちなみに、dump だけでも「ゴミ捨て場」の意味になります。



              丸暗記するよりも、

         こうしてイメージと論理を重視した方が、

           ずっと定着がよくなりますし、

            はるかに楽しいですよね ☆


          こういうことを大切にする授業を

            IRL では展開しています。


   ※ FC2 Blog Ranking参加中です。

応援、よろしくお願いいたします。


※ 人気blogランキングにも新たに参入いたしました。

   応援、よろしくお願いいたします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 メルマガ版「澄みわたる英語」
   ブログにはない、編集後記+α が人気です!


 大学受験IRL の塾長、岩田が高校生の心のケアの気付きを記した
 メルマガ「ココロの引出し、アタマの引出し」
もよろしく!

      発行 大学受験IRL   朝香 豊


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログ拍手

look after 

 look after

          今日はちょっと軽めのネタを1つ

      「look after ~」で「~を世話する」というのは

         よく知られていると思いますが、

       ところで、これはどうしてだろう??って

          考えたことはありますか?


           「ない」という人も

        look と after の組み合わせから、

         ちょっと考えてみてください。

              ↓
              ↓
              ↓
              ↓
              ↓

           イメージできましたか?

      「後ろから見ている」という感じかなって思えば、

        とても納得するんじゃないでしょうか。


      人から教えられて『なるほど~~」って思うのも

          もちろん役には立ちますが、

            自分で発見できると

          もっともっと喜べますよね。

        そして、もっともっと定着しますよね。

               なので、

      できるかぎり、自分の頭を使うようにする方が

            好ましいんですね。


               ところで、

       この「後ろから見る」っていう感じから、

       「後見する」っていう言葉が浮かんだ人は

             いませんか?


      これはなかなかよいところに目を付けていますよ。

           「世話をする」というと

      take care of なんかも頭に浮かぶと思いますが、

        こちらは take care と書くだけあって、

     「責任を引き受ける」というイメージが強いんです。


             look after にも

   take care of と同じようなニュアンスの場合もありますが、

    家族の面倒を見る際には「後見」的なニュアンスが強い

          という特徴があるようです。


      世話をする相手の利益を考えてあげるとか、

      世話をする相手の財産の管理もしているとか、

      そんな感じが含まれている場合が多いのです。


    「イディオムだから」と無味乾燥に覚えていくと

      こういうことって見えてこないですよね。

        論理とイメージを大切にすると、

           定着もしっくり感も

          ぐっと違ってきます。

        こうしたことを大切にした授業を、

         IRL では常に心がけています。



   ※ FC2 ブログランキング参加中です。

応援、よろしくお願いいたします。 役立ったと思ったら、

↓ の"FC2 Blog Ranking"をクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

※ 人気blogランキングにも新たに参入いたしました。

   応援、よろしくお願いいたします。 役立ったと思ったら、

人気blogランキングへをクリックしてください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 メルマガ版「澄みわたる英語」の購読はこちらから
   ブログにはない、編集後記+α が人気です!


 大学受験IRL の岩田が高校生の心のケアの気付きを記した
 メルマガ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

「ココロの引出し、アタマの引出し」

      発行 大学受験IRL   朝香 豊


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログ拍手

reservation と appointment 

reservation と appointment

  「予約」の意味でよく使う、reservation と appointment

       両者の区別はちゃんとついていますか?

       reservation は reserve から来た言葉。


                ところで

      reserve の serve って、save に似てませんか。

          そんな気分で見ていると、

       だんだんそんな気になってきますよね??(笑)


        実は語源は同じなんですよ。(本当に)


       save は「省く」とか「使わないでとっておく」

           なんて意味で使いますね。

     その延長で、save には前置詞の意味もあるんですが、

             想像できますか?

        例えば、all the questions save one

           なんて、使い方をします。


              今のフレーズは

       「ひとつを除いて全部の質問」のような意味で、

               save は

        「~を除いて」という感じで取ればよい

           ということになりますが、

これが「省く」とか「使わないでとっておく」という意味とつながるのは

             理解できますよね。



          わかってきたかもしれませんが、

           reservation の「予約』は

       「これは特別なお客様のためにとっておく」

             ということで、

      「普通のお客様が利用できるところから省く」

          というイメージになります。



           もうすこし付け加えて

        reserved って言葉も考えてみましょう。

                もちろん

  「予約されている」とか「貸し切りの」という意味もありますが、

  「ある目的のためにとっておいた」というような意味もあります。

     「ある目的のためにとっておいた」というのは

    「使わないで省く」というイメージとつながるのは、

           よくわかると思います。

                そして、

      「ある目的のためにとっておく」というのは、

    「奥まったところに置いておく」ということにつながり、

              その延長線上で

       「控えめな」という意味も出てくるわけです。

          この「控えめな」という意味、

        実はとっっっっってもよく使いますから、

          しっかりと覚えておきましょう。



          これに対して appointment は

      point(一点)に向かうというイメージです。

appoint には「任命する」とか「指定する」という意味がありますが、

      「この職にはあの人を任命しよう」とか

      「場所や日付はこうしよう」というように、

              どちらにも

   「一つのところに定める」というニュアンスがありますね。


      なので、人との面会予定とか病院の予約のように

         場所・日付などを一つに定めて

      「○月○日○時○分に、○○で会いましょう」

             という感じが

         appointment というわけです。


        このように、単語を覚える際にも、

        論理とイメージを大切にすると、

         定着もぐっと違ってきます。

        こうしたことを大切にした授業を、

         IRL では常に心がけています。



   ※ FC2 ブログランキング参加中です。

応援、よろしくお願いいたします。 役立ったと思ったら、

↓ の"FC2 Blog Ranking"をクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

※ 人気blogランキングにも新たに参入いたしました。

   応援、よろしくお願いいたします。 役立ったと思ったら、

人気blogランキングへをクリックしてください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 メルマガ版「澄みわたる英語」の購読はこちらから
   ブログにはない、編集後記+α が人気です!


 大学受験IRL の岩田が高校生の心のケアの気付きを記した
 メルマガ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

「ココロの引出し、アタマの引出し」

      発行 大学受験IRL   朝香 豊


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログ拍手

splash 

 splash

 英語の単語には、音が元になっている単語が案外と多いです。

       スプラッシュ・マウンテンといえば

    ディズニーランドの定番のアトラクションですが、

       あの「スプラッシュ」(splash) も

       水しぶきが飛ぶ音から来ています。

           日本語でいえば

   「パシャッ」とか「シュパッ」という感じでしょうか。

       そんな感じで splash を読んでみると

  結構、日本語と似た感じなんだなと思えるのではないでしょうか。


           「顔を洗う」ことを

    splash one's face のようにいうこともできますが、

     「顔をパシャパシャする」とイメージすると

          理解しやすいと思います。


       ただ、日本語との違いがあるとすれば、

             日本語では、

     「パシャッ」というのと「ザブン」というのでは

         ずいぶん違うという感じがしますが、

     英語ではどちらも splash で表せてしまうところです。


     それで、「ザブンと水の中に飛び込む」という表現でも

     「パシャッ」という感じはあまりしないにも関わらず、

           jump splash into the water

         のような言い方で表したりします。


         ところで、splash guard と言われて、

          何のことだか想像がつきますか?

            車の泥よけのことです。

          言われてみると、納得ですよね。

          ただし、アメリカでの用法で、

          イギリスでは使わないようです。




   ※ FC2 ブログランキング参加中です。役立ったと思ったら、

↓ の"FC2 Blog Ranking"をクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

※ 人気blogランキングにも新たに参入いたしました。

   役立ったと思ったら、

人気blogランキングへをクリックしてください。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 メルマガ版「澄みわたる英語」の購読はこちらから
   ブログにはない、編集後記+α が人気です!


 大学受験IRL の岩田が高校生の心のケアの気付きを記した
 メルマガ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

「ココロの引出し、アタマの引出し」

      発行 大学受験IRL   朝香 豊


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログ拍手

keep a diary 

 keep a diary

         大学受験IRLの朝香です。


  今回は「私は2日前日記をつけなかった」の英作を考えていきましょう。


 「私は2日前日記をつけなかった」を英作しなさいといわれたら、

            あなたはどうしますか。

    『英語で「日記をつける」は keep a diary だったな。
     だから、I didn’t keep a diary two days ago. にすればいいんだな!』

         などと考えてしまわないでしょうか。


     論理もイメージも大切にしないで丸暗記を強いられてしまうと、

        ついついこんなミスをしてしまいがちです。


    ここでイディオムの keep a diary をよ~く見てみましょう☆

        「日記」はもちろん diary でよいのですが、

           使っている動詞は keep です。


 ではどうして「日記をつける」の動詞に keep という動詞を用いるのでしょうか。

                  ↓
                  ↓

            まじめに考えてくださいね。(笑)

                  ↓
                  ↓

        日記とは、毎日書き続けていくものだからです。

         だから維持を表す keep を用いるんですね。


   日記というものは、1日だけしか書かなかったら日記とは言いません。

        続けていってこそ日記なわけです。


               ということは

    「2日前」に書いたか書かないかだけを表現するのに

       keep a diary は変だということになります。



              このように、

          イディオムを覚える際にも

       合理的推論を働かすことはとても大切です。


    覚えるのが楽になったり忘れにくくなったりするだけでなく、

            ここで扱ったように

       使い方にも注意を喚起することができるのです☆


        というわけで、正解例を挙げておきますね。

     「私は2日前日記をつけなかった」を

     「私は2日前、私の日記に何も書きませんでした」のように捉え、

      I didn’t write anything in my diary two days ago.

            とすればよいですね。



 ところで、先ほどは「日記を付ける」を keep a diary だと紹介していたのに、

        今は a diary ではなく my diary になっているぞと、

           my のところが気になった人もいるでしょう。


         そこで、この点をもう少し扱ってみましょう。


        「私は日記をつけています」ならば、

            I keep a diary. でも

            I keep my diary. でも

             どちらも可能です。


     「私は日記を1つつけている」と考えてもいいし、

     「私は自分の日記をつけている」と考えてもいいですね。


             しかしながら、

         I didn’t write anything in my diary. を

         I didn’t write anything in a diary. にしてしまうと、

    「わたしは1つの日記には何も書かなかった」ということになり、

   「2つ以上日記をつけている中で、1つの日記には何も書かなかった」

      というような印象を与えるものになってしまうわけです。


       これでは「私は2日前日記をつけなかった」とは

          話が違ってくることになりますね。



      頭を働かせ、合理的推論に慣れることが、学習の早道です。


           「イディオムだ!」の一言ですませ、

      何も考えずに覚えさせるのは当たり前だという風潮がありますが、

        それは決して学習の近道ではないということを

            肝に銘じておいてください。


  このように、論理とイメージを大切にしながら、IRLでは授業を行っています。


      ご質問/激励などはこちらへ   asaka@irl.co.jp


   ※ FC2 ブログランキング参加中です。役立ったと思ったら、

↓ の"FC2 Blog Ranking"をクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 メルマガ版「澄みわたる英語」の購読はこちらから
   ブログにはない、編集後記+α が人気です!


 大学受験IRL の岩田が高校生の心のケアの気付きを記した
 メルマガ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

「ココロの引出し、アタマの引出し」

      発行 大学受験IRL   朝香 豊


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログ拍手

Mcjob 

Mcjob

        大学受験IRLの朝香です。


        Mcjob という言葉があります。


 Mcとはハンバーガーチェーンのマクドナルドのことを意味しており、

     「マクドナルド的仕事」のような意味です。


 Mcjob を Merriam Webster のオンラインの辞書で意味を調べてみると、

 a low-paying job that requires little skill and provides little opportunity for advancement

         という定義が出てきます。


             和訳すれば、

「ほとんど技能がいらず、昇進の機会がほとんどない、低賃金の仕事」

          ということになります。


       この言葉、1980年代に使われ始め、

  2001年からは一部の辞書にも登場するようになったのですが、

     これに黙っていられないのがマクドナルド。


     辞書を作った Oxford や Merriam Webster に

 定義の修正を求めて書簡を送るなどの運動をしているようです。


 確かにマクドナルドからすれば許せないっていう気持ちになるのは当然ですが、

 それでもくすっと笑ってしまうのもやむを得ないかなあと思います。



   ※ FC2 ブログランキング参加中です。役立ったと思ったら、

↓ の"FC2 Blog Ranking"をクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 メルマガ版「澄みわたる英語」の購読はこちらから
   ブログにはない、編集後記+α が人気です!


 大学受験IRL の岩田が高校生の心のケアの気付きを記した
 メルマガ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

「ココロの引出し、アタマの引出し」

      発行 大学受験IRL   朝香 豊


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログ拍手

foreigner  

foreigner

 「彼は外国人だ」というのに、He is a foreigner. といえばよいと思ってしまいがちですが、これはやめておいた方が無難です。

 日本語の「外人」と同じようなイメージで、差別的な感じがある語なのだそうです。

 出身国がわかっている場合、例えばスペイン出身だとした場合、He is from Spain. のように表現した方がよいようです。

 出身国がわからない場合には、He is from another country. のように表現した方がよいようです。

 ただし、「留学生」という表現の場合には、foreign student という言い方が定着しており、この表現のときには差別的な感じはないそうです。

 言葉って、難しいですね。



   ※ FC2 ブログランキング参加中です。役立ったと思ったら、

↓ の"FC2 Blog Ranking"をクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 メルマガ版「澄みわたる英語」の購読はこちらから
   ブログにはない、編集後記+α が人気です!


 大学受験IRL の岩田が高校生の心のケアの気付きを記した
 メルマガ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

「ココロの引出し、アタマの引出し」

      発行 大学受験IRL   朝香 豊


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログ拍手

each other 

 each other

            今回は

   「彼らは互いに無関心である」の英作を考えてみましょう。


        まず、前提知識をかねてのお願いですが、

   「無関心だ」という形容詞に  indifferent  を使ってください。


               ところで、

        「彼らは互いに愛し合っている」は

  They love each other.   と書けばよいということは知っていますか。

        これが頭にあると、同じようにして

 They are indifferent each other.   でいいかなと考えがちです。


       ところがこれはちょっとまずいです。


 そこで、 They love each other.   の構造を考えてみましょう。


        They love each other. とは、

   「彼は彼女を愛している」と「彼女は彼を愛している」を

      2つ重ねて書いたようなものです。


        以下に3つの英文を並べますが、

  1番下の英文は上の2つの英文を足し合わせた内容を表すと思って下さい。


    He loves her.
  + She loves him.
  -----------------------------------------------
    They love each other.


      ここで each other の果たしている役割を考えると、

意味の上では「彼」から見た「彼女」と「彼女」から見た「彼」を重ねる表現、

       つまり「お互い」に相当するとわかります。


       They love each other.を直訳すると、

      「彼らはお互い*を*愛している」なのですが、

        日本語としてはピンとこないので、

    「彼らはお互い*に*愛し合っている」に変えているわけです。


      では文法上の機能で考えるとどうなるでしょうか。

   her や him と同じ役割を果たしているので、代名詞であるとわかります。


      each other は him や her の役割だけを果たしており、

   前置詞のついた to him や to her の役割は果たしていないわけです。


      和訳で「彼らはお互いに愛し合っている」と言ってしまうので、

each other が「お互いに」という副詞の役割を果たしているようにみえるのですが、

    あくまで each other の果たしている役割は代名詞に限られるのです。


           さて、ここで、同じように、

    「彼は彼女に無関心である」と「彼女は彼に無関心である」を

           縦に並べて書いてみましょう。


    He is indifferent to her.
    She is indifferent to him.


          この2つの英文の内容を重ね合わせて

  「彼らは互いに無関心である」を英作するとどうなると考えればよさそうか、

         想像はついてきたのではないでしょうか。


   They are indifferent each other.  は間違いで、

   They are indifferent to each other.  が正解ですね。


     each other の文法上の機能が代名詞であることを自覚していれば、

          her や him と同じ役割を果たせても、

   to her や to him と同じ役割を果たすことはできないと理解できると思います。


           これで今日の問題は一応解決しました。

               ところで、

        indifferent は different の反意語っぽいのに、

   どうしてこんな意味になるのかという素朴な疑問は浮かびませんでしたか?


            ぱっと見ではわかりにくいのですが、

       「違わない」---->「どっちだっていい」---->「無関心な」

            という流れになっているんですね。


            さて、「お互い」ですが、

        each other の他に one another がありますが、

      これには使い分けは実質的にはないと考えていて大丈夫です。


     「2者以上の場合に each other、3者以上の場合に one another」って、

                昔はよく言われていて、

            単語の組み合わせから論理的に考えると

           この使い分けは妥当だといいたくなるのですが、

              現実はそうではないらしいので、

                現実を追認しましょう。


          使用頻度は each other の方が圧倒的に多く、

       one another のような使い方の適否のムラもないようなので、

      一般的には each other を使っておけばいいかなと思っています。


  このように、論理とイメージを大切にしながら、IRLでは授業を行っています。

   ※ FC2 ブログランキング参加中です。役立ったと思ったら、

↓ の"FC2 Blog Ranking"をクリックしてください。

FC2 Blog Ranking

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 メルマガ版「澄みわたる英語」の購読はこちらから


 大学受験IRL の岩田が高校生の心のケアの気付きを記した
 メルマガ「ココロの引出し、アタマの引出し」もよろしく!

「ココロの引出し、アタマの引出し」

      発行 大学受験IRL   朝香 豊


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブログ拍手

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。