FC2ブログ

from scratch 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
from scratch

from scratch は「最初から」ですが、どうして from scratch が「最初から」という意味になったのでしょうか。

scratch というと、宝くじが頭に浮かびませんか?隠されたところを削ると、当たりかハズレかが分かるタイプの宝くじです。ここからわかるように、scratch は「ひっかく」とか「ひっかき傷」という意味です。from scratch の場合には scratch は名詞ですから、「ひっかき傷」の意味ですね。

ただし、この場合の「ひっかき傷」は普通の「ひっかき傷」ではありません。子供の頃にかけっこをする時に、地面を足で削るようにしてスタートラインを描いたことはありませんか?あの「スタートライン」のことも scratch で表せるのです。

そうすると、from scratch は「スタートラインから」→「最初から」の意味になることがわかりますね。

では応用です。up to scratch だとどういう意味でしょうか。

up to 〜 は「〜のところまで(to 〜)上がって(up)」→「〜まで」です。そうすると、up to scratch は「スタートラインにつくところまで上がって」→「準備が整って」となります。

ただ、スタートラインというのは意識によって随分と開きが出てくることになります。例えば将棋を例にとると、駒の並べ方が一通りわかるようになったというスタートラインということもあれば、プロとしてやっていけるようになったというスタートラインということもあるでしょう。つまり、up to scratch が、「とりあえずゲームがなんとかできるスタートラインにつくところまで」ということもあれば、「プロ棋士としてやっていけるスタートラインにつくところまで」ということもありうるわけです。そうした幅の広さから「準備が整って」よりも「一定水準に達して」という意味で考えた方が広く対応できると言えるかなとも思います。

 役に立ったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ


さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

brand new 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
brand new

brand new

 brand は、牛などについてどこの農場で飼育したものであるのかがわかるようにするために、焼きごてを皮膚に当てて刻印としたのが始まりです。それが「○○農場で飼育したものなら上質に違いない」というように認識されるようになり、今日の「ブランド」につながっているわけです。

 brand に似た言葉に brandy がありますが、こちらはワインに熱を加えて蒸留して、アルコール度数を高めたお酒ですね。brand と共通しているのは熱を加えているところです。あまり意識することはないと思いますが、brand や brandy は burn とも語源的には繋がっています。

 さて、焼きごてをくっきりと入れるためにはごてを灼熱状態にしてから間髪入れずに刻印をつけるようにしないといけないようです。入れられる動物たちにはたまったものではないですが、まさにアツアツのごてを押し付けられていたわけです。

 そしてこのイメージをもとにできたのが brand new という言葉です。つまり、焼きごてを入れるのと同じように、「できたばかりに新しい」→「真新しい」となったというわけです。

 「へえ〜」と思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ


さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

award 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
award


 
award が「賞」を意味するのはよく知られていますね。Academy Awardだと「アカデミー賞」ですし、Grammy Award だと「グラミー賞」です。なお発音は「アワード」というよりも「アウォード」の方が近いので、この点は注意です。
 
ところで award には「奨学金」とか「奨励金」の意味もあるのは知っていましたか?award が「賞」を表すなら、 「賞」→「賞金」→「奨学金」→「奨励金」のように連想ゲームをしていけば、こうした意味があると言われても、割と納得できるかなと思います。
 
ところで award は語源的には「入念に観察した後に決定する」というのがもともとの意味です。この語源解説はなかなか難しいので、ここではその詳細には立ち入りませんが、「入念に観察した後に決定する」→「賞を与える」という流れは理解できるかと思います。そしてこの語源的な理解に従えば、「入念に観察した後に決定する」→「賞金を与える」も理解できますし、「入念に観察した後に決定する」→「奨学金を与える」も、「入念に観察した後に決定する」→「奨励金を与える」も理解できますね。
 
そしてこのことが理解できると、さらに理解が深めることができます。award には「(損害賠償などの)裁定額」という意味もありますが、これも「入念に観察した後に決定する」→「(損害賠償などの)裁定額」という流れで理解できます。さらに言えば、award には「判決」という意味もありますが、これも「入念に観察した後に決定する」→「判決」という流れで理解できます。

こんな感じで、award には「賞」「賞金」意外にも、「奨学金」「奨励金」「裁定額」「判決」などの幅広い意味があることが理解できたらうれしいかなと思います。

 面白かったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

circus 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
circus

 circus と見たら「サーカス」が浮かぶでしょうが、この circus は「円」を表す circle と語源が同じ単語です。テントのようなサーカス会場が円形になっていることが多かったことから、「サーカス」も circus と呼ばれるようになったものです。そういえば、ロンドンには Piccadilly Circus とか Oxford Circus といった円形の広場がありますが、これらで使われている circus は「円形広場」の意味です。同様に、古代ローマの円形競技場のことも circus と呼ぶことがあります。

 circus には「大騒ぎ」とか「大混乱」の意味もありますが、これはもちろん「サーカス」の意味から広がったものです。「報道合戦」を揶揄して media circus という場合があります。「報道の馬鹿馬鹿しいほどの大騒ぎ」という感じですね。

 役に立ったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ


さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

lemon 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
lemon

日本語で「レモン」というと爽やかな印象を与えることが多く、否定的な意味合いを感じることはほとんどないでしょう。ですが英語で lemon というと、顔をしかめるような酸っぱさのために、否定的なニュアンスを持つことが多いです。

 例えば The car is a lemon. だと「あの車は欠陥品だ。」的な感じですし、They sold me a lemon. だと「奴らに欠陥品を買わされちゃったよ。」って感じです。lemon law だと「欠陥商品法」のことです。欠陥品だと認められたら、メーカーに修理・交換を義務付けた法律のことです。

 lemon は「人」に対しても使えます。He is a real lemon. だと「あいつは本当に使えない。」とか「あいつは本物の馬鹿だ。」みたいな感じです。

 こういう感じで使う lemon と対比的に使われるのが peach です。女性に対して使うことが多いようです。 "You are a peach." "No, I'm a lemon." だと「あなたは魅力的な人ですね。」「いいえ、私はダメな人間です。」という感じになります。ただし、こういう peach の使い方は古風な言い方になってきているようです。

 役に立ったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ


さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!
 

gyp 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
gyp

「だます」とか「詐欺師」という意味で gyp という単語を使うことがあります。ポリティカル・コレクトネス的には問題のある単語ですが、よく使われています。

 この単語がポリティカル・コレクトネス的には問題があるというのは、この単語が Gypsy(ジプシー)から来ている言葉だからです。放浪の民であるGypsyが人を騙してお金を奪うことが多いということから、隠語として使われるようになりました。それが徐々に広がって、割と幅広く使われるようになった次第です。

 gyp 人 out of 〜だと「〜から引き離すように(out of 〜)人を騙す(gyp 人)」→「人を騙して〜を巻き上げる」となります。例えば、He gypped me out of the money.だと「彼はそのお金から引き離すように(out of the money)私を騙した(gypped me)」→「彼は私を騙してそのお金を巻き上げた」という意味です。

 では、I got gypped out of the money. だとどういう意味でしょうか。「私は騙されてそのお金を巻き上げられた」→「私はそのお金を騙し取られた」という感じなのは理解できたでしょうか。got gyppedのところが受動態の表現だということに気づいてくださいね。

 なお、Gypsy は最近は Romany (Romani) とか Roma と呼ばれることが多くなりました。こうした呼び方は彼らが自分たちを呼ぶ呼び方から言われるようになったものです。

 役に立ったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ


さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

about face 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
about face

aboutという単語は「だいたい〜」とか「〜について」という意味合いになることが多いですが、それだけで全部済むわけではないので、その点では少し注意が必要です。

 語源的にaboutを見ると、on the outside of 〜 というのが元々の意味合いです。つまり、aboutのoutはoutsideの意味とつながっていたというわけです。

 頭の中に何かモノを浮かべてみてください。そのモノを取り囲むようにした外側部分をイメージするのがaboutだと考えてみてください。

 そうすると、ピタッとそのモノというわけではなくても「だいたい」そんな感じだとか、ピタッとそのモノというわけではなくてもその周辺のこととかをaboutで表す感じがつながって見えてくるかと思います。

 そして「周辺」のイメージから、周辺をぐるっと回るようなイメージを持つこともあります。例えばturn aboutだと「周辺を回る」→「ぐるっと回る」という感じで、turn aroundと非常に似たイメージを持つことになります。

 こうしたイメージを持った上で about faceという表現を考えてみましょう。about-faceのように1語扱いにすることも多いです。これは軍隊用語の「回れ右!」の意味なのですが、顔をぐるっと回すイメージから来たものです。「顔をぐるっと回す」というと180度回す感じがありますので、180度体の向きを変える「回れ右!」の意味にも使われるようになったわけです。

 そして180度の方向転換というのは、今までやってきたことと真逆のことをするイメージに使えますよね。そのイメージを持った上で、make a historical about faceというのがどんな感じなのか、考えてみてください。

 「歴史的な大転換を行う」という意味ですね。今までやってきたのと全く真逆なやり方に転換するイメージです。

 こんな感じで about face を理解してもらえたらと思います。

 面白いと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ


さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

on the house 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
on the house

 on というと原義は「接触」ですが、そこから転じて負担を掛ける先を表すこともあります。The joke was on me. だと「その冗談は私に対する当てこすりだった」という感じですし、Don't put the blame on others. だと「非難を他人になすりつけるな」→「ひとのせいにするな」という感じですし、Lunch is on me. だと「ランチは私の負担でだ」→「ランチは私のおごりだよ」という感じです。

 houseというと「家」が浮かびますが、opera houseのように「家」でなくても人を収容できる建物であればhouseを使うことがあります。つまり、劇場とか宿舎とか修道院のようなところでもhouseを使うことができます。そういえばHouse of Representativesと言えば「代表者のhouse」→(国会の)「下院」というのも覚えておきたいですね。お酒や食事を楽しむために人々を収容できるところ、つまりレストランとかバーの類もhouseで表すことができます。

 さて、こうした onとhouse の組み合わせから on the house というイディオムの意味は想像つくでしょうか。This drink is on the house. のような使い方をする時の on the house です。この文は直訳すれば「このドリンクはthe houseの負担です」ですが、それが「このドリンクはお店のおごりです」という感じです。つまり、この場合のhouseはレストランとかバーのイメージだということになります。もちろん、ホテルに宿泊した際に This drink is on the house. と言われたならば、「このドリンクはホテルのおごりです」ということになります。

 on the house という使い方を通じて、on と house のイメージを広げてもらえたらと思います。

 面白かったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

under the weather 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
under the weather

weatherは「天気」、climateは「気候」ですが、両者の違いは理解できるでしょうか。
「今日の天気は晴れ。風はほとんどなく、最高気温は25度、最低気温は15度」みたいなのはweatherで、「日本は雨が多い」みたいなのはclimateです。つまり、その日その日の天気の様子がweatherで、長期的な観点から見た気候上の特徴面を捉えたものがclimateだと思えばいいでしょう。したがって「天気予報」はweather forecastのようにweatherで表現されるのに対して、「地球温暖化」のような話は日々の天気ではなく、長期的な観点から見た気候上の特徴を言っているわけですから、climate change(気候変動)の話として扱われるわけです。

weatherの感覚がよくわかる表現に、fair weather friendという表現があります。直訳的に考えれば、「好天の友」となるので、「気持ちのいい友達」のことだろうと思いたくなるかもしれませんが、実は全く違います。天気がいい、つまり状況がいい時だけは仲よくするけれども、天気が荒れると、つまり状況が悪くなると離れて行ってしまうような人のことです。「調子いい時だけ寄ってくる人」あるいは「調子が悪くなると離れていく人」と言えばいいでしょうか。

ところでイギリスにおいては曇りの日や雨の日が多いため、weatherに対してややネガティブなイメージを持つことが多いようです。be exposed to the weatherは直訳だと「天気に晒される」ですが、これが「悪天候にさらされる」→「風雨に晒される」という意味になったりします。このようにweatherにはネガティブなイメージが持ち込まれることが時々あるということも頭に置いておきたいです。

このことを意識しておくと、feel under the weatherという表現は理解しやすいかもしれません。直訳的には「その天気のもとで感じる」ですが、「すぐれない天気のもとにあると感じる」→「(今ひとつ)気分がすぐれない」という意味です。すぐれない天気のもとにいると船が揺れて気分が悪くなるという、船乗りの話からできあがった表現だという説もあります。feelを使わず、例えばI'm a bit under the weather.(私はちょっと気分が悪い)とか、You look under the weather.(あなたは気分が悪そうだ)といった使い方もできます。

 なるほどねと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ


さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

デオキシリボ核酸 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
デオキシリボ核酸

 DNAは「デオキシリボ核酸」で、RNAが「リボ核酸」のことだと、高校の生物で勉強したかと思いますが、「デオキシリボ核酸」という名前は長ったらしい呪文みたいで覚えにくいと思ったことはありませんか。今回はこの「デオキシリボ核酸」を少しでもわかりやすく理解してもらおうと、解説をしてみました。

 まずはDNA、RNAの両方に共通するNAって何のこと?ってところから始めます。このNAはnucleic acidの略で「核酸」を意味します。nucleicが「核」を表すnuclearの形容詞形で、acidが「酸」だと理解すれば、nucleic acidが「核酸」になるのは理解できると思います。生物の細胞の中心部である「核」の部分に多く含まれる酸性物質のことを「核酸」(nucleic acid)と呼ぶと理解すればよいでしょう。発見された当初はこれが遺伝などと関係するとは全く思っていなかったので、単純に「核」に多く含まれる「酸」ということで名前が付けられたわけです。

 「リボ核酸」の「リボ」は「リボース」と呼ばれる炭水化物の名称です。アラビアゴム(アラビアガム)から抽出されることから名付けられたアラビノースという炭水化物がありますが、アラビノースと一緒に抽出されて発見されたのが「リボース」です。アラビノースに似ているけれどもちょっとだけ違うということで、アラビノースを少し変形して「リボース」と名付けたという、冗談のような本当の話があります。「アラビノース(arabinose)」→「リボース(ribose)」です。

 「リボ核酸」というのは、riboseベースでできあがった核酸のことで、"ribonucleic acid"と綴ります。"ribo nucleic acid"とか"ribo-nucleic acid"と綴ってくれた方がわかりやすいと思うのですが、英語では"ribonucleic acid"と綴ります。それなのに略号ではRNAであって、RAではありません。

 DNAとRNAでは、RNA(リボ核酸)のほうが先に発見されました。そしてその後にDNA(デオキシリボ核酸)が発見されたのですが、分析が進むとDNAとRNAは割と似ているけれども、ちょっとだけ違った構造をしていることがわかってきました。具体的には、DNAにはRNAにある酸素原子が1つ少ないことがわかってきました。「デオキシリボ核酸」という言葉の「リボ核酸」よりも前の部分の「デオキシ」(deoxy)は「de(分離・除去の意味)」と「oxygen(酸素)」が組み合わさってできた言葉です。すでに発見されていたリボ核酸と比較して酸素原子が一つ少ないということを「デオキシ」(de+oxy)で表現したわけです。

 こういうことがわかると、"ribonucleic acid"が「リボースを含む核酸」という意味で「リボ核酸」と呼び、"deoxyribonucleic acid"が「酸素原子を1つ取り除いたリボ核酸」(リボ核酸より酸素原子が1つ少ない核酸)という意味で「デオキシリボ核酸」と呼ぶことが見えてきますね。

 "deoxyribonucleic acid"も"de-oxy-ribo-nucleic acid"のように書いてくれればわかりやすいと思うのですが、英語では"deoxyribonucleic acid"のように綴ります。このあたりは慣れていくしかないですが、ともあれ、名前が構造をかなりわかりやすく表現していることが意識できると、面白いかなと思います。

 繰り返しますが、"deoxyribonucleic acid"は"deoxy(酸素原子を1つ取り除いた)ribo(リボースベースの)nucleic(核の) acid(酸)"ということになります。

 面白かったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!