ergonomics 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
ergonomics

 ergonomics(アーガノミクス)は日本ではカタカナ読みをした「エルゴノミクス」で一般には通用しますが、実際の英語の発音では「アーガノミクス」とか「アーガナミクス」という」感じです。和訳では「人間工学」という訳語が与えられていますが、この「人間工学」という和訳はなかなか考えた和訳で、語源などからはなかなか浮かぶものではありません。今回はこのergonomicsを「人間工学」と和訳したセンスの良さを理解してもらうことを通じて、ergonomicsという単語を頭に入れてもらおうと思っています。

 ergonomicsのergoはenergyとも語源が同じで「働く」という意味です。働くための活力がenergyと理解すれば、energyとergoとの繋がりが見えてくると思います。

 ergonomicsのmicsはeconomicsからの援用で、耳で聞くと「学問」みたいな響きがあることから採用されたようです。

 つまりergonomicsとはergo(働くこと)を効率化し、快適化するmics(学問)ということになります。とすると、凡庸な頭だと「労働学」とか「労働効率学」という名前くらいしか浮かばないところです。

 ですが、鋭い感性を持った方がもっと深くこの単語の本当の適切な訳語を考えたのでしょう。ergonomicsが人間に余計な負担を掛けないように従来の器具を改善したり、新たな器具を作り出していく学問であることから、普通に「学問」というよりも、もっと範囲を狭めて「工学」と呼んだ方が適切だと感じたのだろうと思います。そして、労働を効率化し、快適化するというのは、結局「人間にやさしい」という意味合いだろうという結論に辿り着き、「人間工学」という和訳を思いつかれたのだろうと推察します。

 こうして見たときに、ergonomicsを「人間工学」と訳した人のセンスの素晴らしさを感じてもらえるのではないかと思います。

 ちなみに「働く」を意味するergoは語源的にはworkとも繋がっています。workのwが落ちるとorkのようになりますが、これとergoが似ているとは思ってもらえないでしょうか。workのwが落ちた形からergoやenergyが生まれ、ergo+micsでergonomicsという、労働を快適化・効率化させるためにはどのような改良をすればよいのかを考える学問=人間工学を表す言葉ができたという次第です。

 では応用。ergophobia(アーゴフォウビア)だとどんな意味だか想像つきますか。phobiaはfearに発音が似ていて、意味も「恐怖心」なので、割合似ている感じです。「労働恐怖症」のことです。

 役に立ったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ


さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

helio 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
helio

 「すいへーりーべ、ぼくのふね…」と、高校生の頃に若い元素番号の元素を覚えましたね。ヘリウムは「すいへーりーべ」の「へー」で、元素記号の2番目の元素です。

 このようにヘリウムは構造的には割と単純な元素なのですが、実はなかなか発見されなかった元素です。というのは、ヘリウムはとても軽い気体であるのが普通で、他の物質と結合することもほとんどないので、地球上にはほとんど存在しないからです。

 ではどうやって発見されたかというと、なんと太陽活動の観察を通じてなのです。皆既日食の観察をしていた天文学者が分光スペクトルを用いてみたところ、今までに知られていなかった波長の光があることに気がついたのがきっかけです。地球では見つからないが、太陽で見つかるということで、「太陽」を表すギリシャ語をベースにhelium(ヘリウム)という名前が付けられました。太陽のエネルギーの源は、よく知られている通り、水素の核融合ですが、この結果としてヘリウムが大量に作り出されているわけです。「すいへー」の「すい」(元素番号1の水素)が融合して「へー」(元素番号2のヘリウム)が出来ているとイメージすればいいでしょう。

 このように太陽とヘリウムは重要な結びつきがあり、それが名前にも反映しているというわけです。そしてこのことを意識していると、helioが「太陽」の意味を表すということが理解しやすくなるかと思います。

 例えばheliocentric(ヘリオセントリック)というのは、「helio(太陽)+centric(中心の)」→「太陽中心の」という意味です。いわゆる「地動説」は太陽を中心として地球が回っているという考えですから、heliocentricな考えだということになります。それで「地動説」のことをheliocentric theoryとかheliocentrism(ヘリオセントリズム)のように言います。

 これに対してgeocentricだと「geo(大地)+centric(中心の)」→「大地中心の」→「地球中心の」という意味です。いわゆる「天動説」は地球を中心として太陽が回っているという考えですから、geocentric theoryとかgeocentrism(ヘリオセントリズム)のように言います。

 helioscope(ヘリオスコウプ)だと「太陽観測用の望遠鏡」だし、heliophysics(ヘリオフィズィックス)だと「太陽物理学」です。

 heliotrope(ヘリオトゥロウプ)は香水の原料にもなるバニラのような甘い花の香りで知られる、「キダチルリソウ」という植物のことです。日本語でも「ヘリオトロープ」で通用するようになってきました。ヒマワリのように太陽の動きに合わせて花の向きが変わると信じられたことから、heliotropeという名前がついたと言われています。本当に向日性があるかどうかは私にはわからないのですが、その点はご勘弁ください。heliotropeの花の画像を貼り付けておきますので、御覧ください。

ヘリオトロープ

 面白かったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ

さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

Xenon 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
Xenon

 前回は希ガスのクリプトン(Krypton)のことを扱いましたので、今回は同じ希ガスのキセノン(Xenon)のことを扱いたいと思います。

 キセノンはクリプトンと比べても存在割合が非常に小さいので、クリプトン以上に発見するのが難しかったようです。化学者のラムゼイはクリプトンだけを分離したと思っていた気体を大量に集めてみたところ、クリプトンとは若干性質の異なる気体が混じっていることに気がつきました。「隠されたもの」という意味合いで命名したクリプトンの中にさらに隠れるように存在していたこの気体を、ラムゼイはキセノン(Xenon)と名付けました。クリプトンばかりと思っていた中に異物が混じっていたということからつけられたものです。つまり、Xenonは「外来物」とか「異物」という意味合いです。注意点は英語の発音は「キセノン」ではなく、「ズィナン」とか「ゼノン」という感じです。

 こんな感じでxenonに「外来物」とか「異物」の意味合いがあることがわかることで英単語の世界が少し広がります。例えばxenotransplant(ゼノトランスプラント)だと「xeno(異物)+transplant(移植)」→「異種移植」です。例えばブタの臓器を人間に移植するといった感じの話です。xenotransplantはギョッとする話かもしれませんが、現実の科学の進歩は凄まじく、近い将来実用化される見通しとなっている技術です。ブタから臓器移植ができるとすれば、脳死者が出てこないと移植臓器が見つからない現状を大きく塗り替える可能性があります。なお、xenotransplantion(ゼノトランスプランテーション)でも同じような意味です。

 xenophobia(ゼノフォビア)だと「xeno(異物)+phobia(恐怖)」で、「外国嫌い」「外国人嫌い」です。phobia(フォビア)はfear(フィア)とちょっと発音が似ていて、同じ「恐怖」の意味合いです。この点を意識すると、xenophobiaが「外国嫌い」「外国人嫌い」になるのは、割とわかりやすいのではないかと思います。

 xenophobic(ゼノフォビック)だと「外国嫌いの」「外国人嫌いの」という形容詞で、xenophobic viewだと「外国嫌いの物の見方」「外国人を嫌う物の見方」という意味です。

 役に立ったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ


さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

krypton 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
krypton

希ガス

 希ガス(不活性ガス)は軽い方からHe(ヘリウム)、Ne(ネオン)、Ar(アルゴン)、Kr(クリプトン)、Xe(キセノン)、Rn(ラドン)となりますね。私は「へんな(He)ねーちゃん(Ne)あーる日(Ar)暗いところで(Kr)キッスの(Xe)連続(Rn)」なんて感じで学生時代に覚えました。Xe(キセノン)をもっと過激にSexに変えたバージョンもあるようですね。品がないとは思いますが、人によってはこっちの方が覚えやすいかもしれません。

 ところでこうした希ガスが元素として発見されたのは、全般的にかなり遅いのはご存知ですか。これは希ガスが他の元素と反応することがほとんどないので、化学変化をベースに研究してもなかなか見つからなかったためです。

 例えば、kripton(クリプトン)が発見されたのは1898年のことですから、まだ発見されてから100年ちょっとしか経っていません。発見者のラムゼイとトラバースはギリシャ語で「隠されて」を意味するkriptonを元素名にしました。他の元素と反応することがほとんどなく、発見が難しかったので、隠されているように存在しているという意味合いでkriptonと名付けたわけです。

 そしてこんな逸話を知っていると覚えやすい単語がいろいろとあります。例えばcrypt(クリプト)は教会で遺体の安置に使われた「地下室」の意味です。遺体を隠して置いておくイメージから付いたのでしょう。undercroft(アンダークロフト)と呼ぶ場合もありますが、こちらも「under(下)+croft(隠されて←crypt)」→「地下の遺体安置室」というイメージで捉えると、わかりやすいかなと思います。

 cryptic(クリプティック)は「謎めいた」とか「理解しにくい」とか「秘密の」という意味です。本当の意味がわかりにくく隠されているイメージなのでしょう。

 cryptography(クリプトグラフィー)は「crypt(隠されて)+graphy(書き表したもの)」→「暗号文」「暗号解読法」「暗号作製法」の意味です。

encrypt(エンクリプト)だと「en(〜化する)+crypt(隠されて)」→「暗号化する」です。encryption(エンクリプション)だとencryptの名詞形ですから「暗号化」です。

 encryptが「暗号化する」なら、decrypt(デクリプト)は「de(出)+crypt(暗号)」→「暗号を解読する」です。decryption(デクリプトション)だとdecryptの名詞形ですから「暗号解読」です。

 crypto-coin(クリプトコイン)だと「暗号通貨」です。ビットコインなどは「仮想通貨」とも呼ばれますが、「暗号通貨」だとも言えます。暗号理論を用いて取引の安全性の確保と通貨発行の制御を行っているからです。crypto-currency(クリプトカレンスィー)とも呼びます。

Kryptonが存在自体が隠されているように思われたところから名付けられたということを一つ知ると、様々な単語を連鎖的に頭の中に入れることができますね。

 では復習です。以下の単語の意味を思い浮かべてみましょう。crypt、undercroft、cryptic、cryptography、encrypt、encryption、decrypt、decryption、crypto-coin、crypto-currencyです。

 正しく思い浮かべられなかった場合には、確認してみて下さいね。

 役に立ったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ


さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!

tight 

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ
tight

 tight は「きつい」とか「堅い」という意味であるのはご存知だと思いますが、この意味の延長で「しっかり固定した」とか「きつくて開けにくい」といった意味になることもあります。The lid is tight. だと「そのふたはきつい」→「そのふたはきつくて開けにくい」という感じです。

 では watertight だとどういう意味になるか、想像はつくでしょうか。watertight は「きつくて水を通さない」→「防水性の」という意味です。「水が入ってこない」という意味でもちろん使えますが、「中に入っている水を外に漏らさない」という意味でも使えます。watertight roof だと「防水性の屋根」で、この場合には「外から降ってくる雨水を弾いて中に入れない」というような意味合いでしょうが、watertihgt container だと、「外から水がかかっても容器の中のものは水に濡れない」という意味合いに加えて、「容器内に水分を入れても外に漏れ出ることがない」というイメージで使っていることも多いです。

 このように「漏らさない」系の意味合いを表すのに tight を使うことがままあります。例えば gastight pipe だと「ガス漏れをしないパイプ」だし、airtight house だと「空気を漏らさない家」→「高気密性の家」(空気が漏れ出なくて断熱性能の高い家)だし、lighttight curtain だと「光を漏らさないカーテン」→「遮光カーテン」です。同様に、steamtight だと「蒸気を漏らさない」だし、oiltight だと「油を漏らさない」です。

 では watertight alibi だとどういう意味になりそうか、イメージは湧くでしょうか?「水も漏らさないアリバイ」→「完璧なアリバイ」です。ちなみに airtight alibi でも「空気も漏らさないアリバイ」→「完璧なアリバイ」です。watertight であれ、airtight であれ、「疑いが漏れ出る余地がない」というイメージで捉えていると考えればよいでしょう。つまり「疑い」部分を水や空気に例えているような表現です。

 こんな感じで tight のイメージの幅を広げておくのも役立つかと思います。

 役に立ったと思われましたら、ブログランキングへの投票をお願いします。

 にほんブログ村 英語ブログ 英語講師・教師へ 
語学 ブログランキングへ


さて メルマガ版「澄みわたる英語」 も無料ですので、よければ購読してみてくださいね!

社会派ブログの「岐路に立つ日本を考える」 の方にも、よければお越し下さい。こちらも私が書いています。

英語100時間チャレンジ ◎英語100時間チャレンジシートをダウンロード!